素材に合わせてカカオを選びブレンドするクーベルチュール

見目華やかなmendiant(マンディアン)(13×8×1cm)1,944円(左)。cacao nougatine(カカオ ヌガティーヌ)30g 583円(右)。

武蔵境駅

04

chocolatier KAITO(ショコラテイエ カイト)

口の中でゆっくりほどけ、芳醇でビターなカカオの香りがぐんぐん広がる。店主の三浦海斗さんが作るのは、クーベルチュールを使ったオリジナルチョコだ。パティシエ時代、『ジャン=ポール・エヴァン』に衝撃を受け、そのままショコラティエに。

「シンプルなおいしさを、KAITOらしく伝えていきたい」と店のスペシャリテに推すのは、カカオ ヌガティーヌだ。仏菓子をヒントに、カカオ豆の殻だけを取り除いたドミニカ産カカオニブをキャラメリゼ。純度の高い苦味とザクザクの歯触りが洋酒にぴったり。また、マンディアンは、ドライフルーツとナッツが、ベネズエラ産カカオを覆い隠す華のある一品。しかも、中にレーズンがしのばせてあり、かじるたび、味、香り、食感がくるくる変化する。贈る相手の驚く顔が見たくなる味揃いだ。

DATA

JR中央線武蔵境駅南口から徒歩約10分。11時〜19時、不定休。武蔵野市境南町3-25-18 ☎非公開 https://www.chocolatier-kaito.com/


撮影=鈴木奈保子

上記の情報は2019年11月現在のものです。※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

やみつき!テイクアウトライフ

関連記事

手みやげノート

武蔵小金井駅

御菓子司 三陽の麩まんじゅう

手みやげノート

立川駅

洋菓子舗 茂右衛門の あんことくろみつ

手みやげノート

阿佐ケ谷駅

Gelateria SINCERITA(ジェラテリア シンチェリータ)のジェラート

手みやげノート

国分寺駅

加藤けんぴ店の芋けんぴ