夕暮れ前から活気満ちる横丁の顔

吉祥寺駅

1軒目

てっちゃん

提灯や壁に描かれたイラストはテリー・ジョンスン氏、内装は建築家・隈研吾氏が手がけた、いつも人があふれんばかりの大衆酒場。香ばしい煙を放つ焼き鳥、大鍋に入ったモツ煮が路地からよく見えて、素通りできない存在だ。必要最小限の接客、放っておいてもらえる感じが心地よく、着席した途端和め、大衆の一員になれる。

1,500〜2,000円

生ビール626円、砂肝やプチトマトの串焼き140円〜、野菜の豚バラ焼き468円

DATA

15時〜23時フードLO・23時30分ドリンクLO(土・日・祝は12時〜)、無休。武蔵野市吉祥寺本町1-1-2 ☎0422・20・6811

上記の情報は2019年7月現在のものです。※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

銭湯、行ってみる?

関連記事

国分寺駅

お酒と肴 くうふく

吉祥寺駅

Chill Labo Tokyo(チル ラボ トーキョー)

八王子駅

多摩一

中野駅

麦とろ 丸子亭(まりこてい)