街おこしにあふれている

この記事の目次

「中央線が好きだ。」では、今まで数々の地域コミュニティを紹介してきた。そこで思うのは、なんて地元を愛する人々が多いんだろう、ということ。
シャッター商店街の廃業した店舗を再利用したシェアキッチン付きの食堂、使わなくなった椅子を寄贈してもらい赤く塗って街のあちこちに休憩場所として置くプロジェクト、はたまた、子どもから年配者まで世代を超えてともに遊べる駄菓子店など。
みんなの楽しそうな顔を見たい、街を盛り上げたい、暮らしやすい地域にしたい……。自分の街が好きだからこそ浮かんだ思いを胸に、発起人となって行動を起こす頼もしさといったら。たとえ始めは一人だったとしても、その背中を見て心動かされた人が、一人、二人と仲間に加わり、アイデアや知恵を絞り合う。小さなきっかけが、やがて大きな渦となって、地域のためのプロジェクトとして動き出すのだ。
「隣は何をする人ぞ」と囁かれる都会だが、中央線沿線には人と人との縁を大切にするコミュニティが現代もしっかり息づいている。それは、昔から脈々とあるものではない。新旧の住人が、異なる世代・文化を認め合い、改めて築き、街の魅力を再発見する楽しいきっかけとなっている。
その一つが三鷹界隈の「まちなか農家プロジェクト」。その活動を、ここで紹介しよう。


農家と駅近の住民をつなぐ 三鷹・武蔵野農家応援団

まちなか農家プロジェクト [三鷹駅]

  • この日は根岸直売所のナス、田辺農園の白菜、森屋農園のニンニクなどが並んだ。

都心に隣接しながらも、三鷹周辺では農家が健在だ。「でも、住民たちにはあまり知られていないんです」と残念がるのは、IT関連企業に勤める傍ら「まちなか農家プロジェクト」を主催している苔口昭一さんだ。三鷹市が主催する「ITを活用した市民参加支援」シンポジウムへの参加をきっかけに有志10名で発足。観光協会職員、デザイナーなどが名を連ね、休日に活動している。
「最初は直売情報のアプリを考えたんです。でも、農家さんたちは、販売場所ではなく、まちなかにある畑の大切さを感じてもらいたいと望んでいました」
そこで立ち上げたのが、農家情報発信サイトだ。JA東京むさし三鷹地区青壮年部の若手農家70〜80名、そして武蔵野市へと縁が広がり、彼らの思い、こだわりを一人ずつ聞き取り。畑の様子を撮影した記事を載せている。また、地産地消レストランや直売所などの情報を交換できる場をSNSに開設。さらに、「実際に味を知ってもらうことが大切」と、朝に農家を回って集荷した穫れたてを、午後、ファンクラブ会員の特典として手渡しする活動を月に一度、実施している。


次々に広がる農家と消費者のつながりの輪

  • 少量多品種で栽培する伊藤園の一家。

そこで作り手と畑の様子を伝えるうち、雑談からアイデアが生まれ、畑イベントも誕生。災害時に農家の畑がいかに役立つかを学ぶ「農家がつくる炊き出し『のっぺい汁』を食べる会」や、三鷹キウイの試食会などが催されている。
「僕たち自身がまちなか農家のファン。地元野菜のすごさに驚き、農家さんと話せるのが、ものすごく楽しみなんです」と苔口さん。
ゆっくりじわじわ、地域に農家愛の根を伸ばしている。

INFORMATION

まちなか農家プロジェクト
三鷹市・武蔵野市の「まちなか」で、代々生産している農家さんの思いを伝えるべく、市民有志が集まって2016年に発足。ホームページやSNSで情報発信・情報交換するほか、会員制ファンクラブも運営。旬の三鷹・武蔵野野菜の受け渡し場所は『キズナ・バー』(三鷹市下連雀3-22-13)にて。
HP https://machino.tokyo/
Facebook https://www.facebook.com/groups/machinakaagri/
Twitter https://twitter.com/machi_noka
Instagram https://www.instagram.com/machi_noka/

取材・文=teamまめ(佐藤さゆり)
撮影=オカダタカオ

上記の情報は2021年2月現在のものです。
※表記されている料金は税込価格です。
※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

最新の特集

『これからも中央線が大好きだ!』

Instagram

@chuosuki

  • おはちゅう☀
1日遅れてしまいましたが昨日8月1日で、高尾駅は開業120周年を迎えました。当初は浅川駅という名前で、1961年に現在の名称になりました。
#中央線写真部 #中央線が好きだ
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\爽やかに香るレモンうどん/

今日の写真は #甲州 の「茶房 あらい」さん( @sabouarai )

店主の荒井博さんが2017年に開業した茶房は、曽祖母宅で使われていた障子や茶箪笥、苔色の壁で設えられた心和む空間だ。

毎朝手打ちするうどんは、2種類の香川県産小麦粉をブレンドした麺で喉越しツルリ。冷やしレモンうどん700円は、瀬戸内レモンが爽やかだ。
甘味も多彩で、なかでもフルーツ大福、フルーツもなか各300円は、8月からは地元産の巨峰が加わりみずみずしい甘みを添える。

JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約30分、もしくは車で約5分。
11時〜16時30分、日•月•火休。
甲州市塩山西野原108
☎090-8680-1937

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲州 #カフェ #ランチ #うどん #和
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\名水が生むひんやりトゥルンの極上わらび餅/

今日の写真は #甲州 の「山の湯宿 はまやらわ 塩山分店」さん

標高1400mにある奥多摩湖源流の湧き水で練り上げた山の湯宿の茶菓子が看板商品。
本わらび粉を用いた名水わらび餅のお茶付き700円は、黒糖、よもぎなどの種類があるが「白糖を試してみてください。黒蜜をかけなくても味わい深いですよ」と専務の伊藤寿朗さん。
むっちりした弾力で、ひんやり冷たく溶けていく。

店内には、桃、巨峰など6種のおみやげ用各200g715円もあり、「2種セット(1,320円〜)ならお得ですよ」と伊藤さん。
また自由に喉を潤せるようにと、名水サーバーも設置。名水は体にすっと染み込んでいくようだ。

JR中央本線塩山駅南口から徒歩約20分。
10時30分〜18時、水休。
甲州市塩山下於曽1381-1 
☎0553-34-8041
http://www.hamayarawa.jp/

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲州 #甘味 #わらび餅 #スイーツ
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\優美な擬洋風建築は旧小学校校舎/

今日の写真は #甲府の「藤村記念館」さん

甲府駅北口へと戻ると、駅前広場に美しき洋館が。
1875年(明治8)に巨摩(こま)郡睦沢(むつざわ)村(現甲斐市)に建てられた旧睦沢学校校舎を移築したものだ。
2階のベランダ、黒塗りアーチの枠など西洋風の意匠が見事で、国指定の重要文化財。館内の見学もできる。

JR中央線甲府駅北口からすぐ。
9時~17時、月休(祝の場合は翌日休)。
甲府市北口2-2-1(甲府駅北口広場)
☎055-252-2762

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲府 #観光スポット  #洋館
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\山梨産ワインが約300種揃う!/

今日の写真は #甲府の「ワインセラー」さん

『葡萄酒一番館』で気に入ったワインを見つけたら、立ち寄りたいのがこの店。
甲州種、マスカットベーリーA種といった甲州ワインや、スパークリング、果実酒などがずらり。
市場に出回らない「登美の丘」4410円や、「ロリアン勝沼甲州」2035円も手に入る。一升瓶、ワンカップも揃え、手みやげにもうってつけだ。

JR中央線甲府駅改札口2F自由通路直結 セレオ甲府2階。
9時~20時、無休。
甲府市丸の内1-1-8セレオ甲府2F 西側フーズフロア
☎︎055-224-5463

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #酒 #お酒 #ワイン #ワインセラー #甲府 #山梨 #お土産
  • 【#中央線が好きだ 「そろそろ、ソロ飯」】

\出来たてをハフハフすれば踊りだすおいしさ! 西荻窪駅の焼売専門店/

今日の写真は #西荻窪 の「シュウマイルンバ」さん(@shumairumba )

木造りの設えに裸電球、色付きガラスなど、レトロな店内が印象的な焼売専門店。
看板メニューの焼売は注文が入ってから蒸し始めるので、出来たてアツアツ。
紹興酒の芳香が後を引く、自家製ルンバサワーもぜひお試しあれ。
おつまみやご飯メニューも充実し、しっかり食べたいお客にもうれしい。
テイクアウトも対応。

JR中央線西荻窪駅南口から徒歩約4分。
11時30分~15時・17時~23時、月休(不定休あり)。※テイクアウトあり
杉並区西荻南3-8-19
☎03-3247-8170

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #中央線が好きだ #中央線グルメ #シュウマイ #グルメ #おつまみ #東京 #杉並区  #西荻窪
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\帰路前に、山梨伝統スタイルでワインをいただく/

今日の写真は #甲府の「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」さん。

山梨のワイナリーでは昔からワイン造りを手伝う地元の人向けに、一升瓶サイズを用意。家庭では、一升瓶から湯呑み茶碗に注ぎ、地の食材を用いた郷土料理とともに晩酌する。そんな山梨伝統スタイルを気軽に楽しめる駅ナカのスポットだ。湯呑み茶碗ワイン380円はソーサーになみなみとこぼしてくれるのがうれしく、地元食材を盛り込んだデリカップなども味わえる。

JR中央線甲府駅改札からすぐ みどりの窓口横。
10時~20時、無休。
甲府市丸の内1-1-8 セレオ甲府2F
☎︎055-269-5455

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #甲府 #山梨県 #山梨 #お酒 #酒 #ワイン #大人 #立ち飲み
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\文豪も愛した温泉銭湯で生き返る/

今日の写真は #甲府の「喜久乃湯温泉」さん。

1926年(昭和元)から続く温泉銭湯は、文豪・太宰治が新婚時代を暮らした地からほど近く日々顔を出したという。1966年(昭和41)に建て替えたが、昔懐かしい体重計、木製ロッカーなどが脱衣場を彩り、昭和の趣が濃厚! レトロな浴室では、とろんとなめらかな自家源泉がやさしく肌を包むよう。2階には畳敷きの広々した大広間もあり、ゆったりとした時間を過ごせる。

JR中央線甲府駅北口から徒歩約15分。
10時~21時30分、水・第3木休。
430円(サウナ無料)、大広間利用込み入湯料900円
甲府市朝日5-14-6
☎055-252-6123

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #温泉 #レトロ #甲府 #太宰治 #銭湯
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\戦前建築の意匠と骨董が魅惑的な純喫茶/

今日の写真は #甲府の「六曜館珈琲店」さん。

木造りでアーティスティックな純喫茶があると聞き、大通りから1本入る。
すると、森のようにこんもり緑が茂る一角に目が留まった。戦後間もない頃、戦前建築を移築した旅館『萬集閣(まんしゅうかく)』だ。1972年(昭和47)、旅館の応接室にカウンターと棚を設け、勝手口を玄関にした喫茶が開業。緑の正体はアイビーで「喫茶の開業時に頂いた時は2株の鉢だったのに、冬でも枯れないの」と、ママは朗らかに笑う。

入り口そばには色とりどりのマッチが展示され、中へ入ると10個のランプがシャンデリアのごとく吊り下がり、ステンドグラスが艶やか。戦前の甲府の古写真、文明開化を伝える版画の赤絵などが壁を彩り、まるでプチ資料館だ。

信玄公パフェにも惹かれるが、平日11時〜14時30分なら、ネルドリップで淹れるコーヒー付きの日替わりランチ1000円を。「私の好きな味に仕上げてます」とママが作る金曜のランチはカレーで、まろやかながら後からスパイスがふんわり。夜限定メニューの名物・餃子をビールやワインと楽しむのもいい。耳に響くのはクラシック音楽と古時計が時を刻む音。ドリンクを手に、まどろみへと誘われる。

JR中央線甲府駅南口から徒歩約3分。
9時~22時LO、日休(祝は不定休)。
甲府市丸の内2-15-15 萬集閣1F
☎055-222-6404 

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #甲府 #珈琲 #コーヒー #喫茶店 #おしゃれ #ランチ #ディナー #クラシック

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有