• トップ
  • グルメ・カフェ
  • 「中央線ビールフェスティバル2023 Summer」の熱気そのまま、ビールスタンプラリーへGO!

三鷹駅豊田駅拝島駅

「中央線ビールフェスティバル2023 Summer」の熱気そのまま、ビールスタンプラリーへGO!

ビール日和が続いて大盛況、熱気に満ちていた「中央線ビールフェスティバル2023 Summer」(以下、ビールフェス)。同じテイストはひとつとないクラフトビールのおもしろさに魅了され、家に帰ってからも「もっとクラフトビールが飲みたい」「気に入ったスタイルのビールを探したい」「ビール好きと繋がりたい」という気持ちがどんどん込み上げてくる。
驚いたのは、参加ブルワリーのほとんどが電車で気軽に行くことができる場所にあって、ビールを提供する「タップルーム」(ブルワリーに併設されたビールが飲める場所)や「ブルーパブ」(タップルームに加え料理も提供する場所)を併設しているということ。

そんな中、「中央線ビールフェスティバル」のアフターイベントが開催しているとの情報をゲット。
2023年7月24日(月)から8月31日(木)まで、ビールフェスに参加していた店舗をさらに楽しめる「アプリde楽しむビールスタンプラリー」は、クラフトビールを楽しむだけでなく、スタンプラリー参加ブルワリーを3店舗以上めぐると抽選でプレゼントもゲットできる一石二鳥の嬉しい企画だ。

これはもう訪ねるしかない! 思い立ったが吉日。ビールフェスで出合ったブルワリーへ、いざ!

★イベント当日のレポートはこちら

この記事の目次

飲み比べして好みの味を探ろう

1. OGA BREWING[三鷹駅]

1軒目に訪れたのは、三鷹と吉祥寺をホームタウンとして、地元愛たっぷりにビール造りを続ける『OGA BREWING(オージーエーブルーイング)』。
カフェが併設され、ガラス越しながら醸造タンクが至近距離にある席に座れば、テンションがじわりと上がる。自家醸造のみをつなぐ8タップは、3種の定番と季節の限定ビールで構成されている。初めの一杯をどれにしようか迷っていたら「気になるビールを3種類選べる『おためしセット』はいかがですか?」とスタッフが声をかけてくれた。説明を聞きながら選んでもいいけれど、おすすめをセレクトしてもらったら、こんなにバラエティー豊かなスタイルが並んだ。
「左から、『三鷹ペールエール』。これはフラッグシップビールなので、まず飲んでいただきたくて。真ん中は、マンゴーとココナッツを使った季節限定醸造のフルーツスムージーエールの『MuyMuy Mango』。右は三鷹産小麦を使ったヴァイツェン『M.C MITAKAさん』です」(おためしセット1000円~内容により異なる) 。
ビギナーにもわかりやすい説明がうれしい。まずは色を愛でて、次に香りを感じて、そっとゆっくり口に含む。3種3様の魅力を感じて、「中央線のクラフトビールが好きだ。」と思う瞬間だ。
フィッシュ&チップス680円を頬張りながら、次は何を飲もうか思案する時間も楽しい。
「クラフトビールを飲み慣れない人に選んでいただくために、僕たち『OGA BREWING』が入口になれれば」と、代表の小笠原恵助さん。定番ビールをワンコイン500円で味わえるのはその心意気の一環なのだろう。おひとり様はもちろん、子ども連れもウエルカム。店内は親しみやすいコミュニティ空間のようで、いつの間にか隣席の人とも会話が弾み、もう一杯。お土産ボトルビール605円~は、ジャケ買いで。

DATA

 
さて、『OGA BREWING』のビールを楽しんだら、「中央線と暮らす」アプリでGPSチェックイン。「アプリde楽しむビールスタンプラリー」では、3店舗以上のスタンプを集めて応募すると、抽選で20名様にオリジナルクージーが当たる。5店舗以上のスタンプを集めると抽選で5名様にビールフェスオリジナルビールセットの当選のチャンスも。
これは残り2店舗、いやビールセットのために残り4店舗のブルワリーをめぐらずにはいられない。

クラフトビールのトレンドを知り未知の世界へ

2. Shared Brewery [豊田駅]

続いて2軒目に訪れたのは、店舗前の通りからも醸造タンクがよく見える『Shared Brewery(シェアードブルワリー)』。週末だけオープンするタップルームは、かっこいいタンクを眺めながら飲むことができる。昼間から地元・八王子周辺 の人でにぎわい始めるオアシスのような存在で、どこか海外にいるようなゆる〜い時間が流れている。
「今、世界中でどんなビールが人気なのか常に意識して、新しい楽しみ方を提案していきたいですね」と、オーナーでブルワー(醸造士)の小林大亮(だいすけ)さん。ヨーロッパやアメリカの流行りを察知して技術探求するスタンスが、ラインナップから伝わってくる。足しげく通えばクラフトビールのトレンドをキャッチできるに違いない。
駅から歩いて火照った心身を、まずはホップが効いたトロピカルな定番ビールでクールダウン。左は缶にクラゲが描かれた「Tropical Escape」はウエストコーストIPA。右はHazy IPA。いずれもトロピカルな風味が夏にぴったりで、すーっと涼やかな心地になっていく。店内利用は1Pint(480ml)1000円〜、ハーフPint(260ml)600円〜。缶(350ml750円〜)はテイクアウトのみ。

小腹が空いたら“シェアード名物”と銘打った「牛肉のビール煮」1300円を。自社製ビールをふんだんに使ってベルギー伝統のレシピで作る煮込み料理だ。フライドポテトが添えられ、ビール煮の煮汁につけながら食べると、手が止まらない……。と同時にビールがすすむ。
締めの一杯は、ビンテージビールのシリーズ「Brettworks」370ml1700円〜にトライ。個性あふれる味は滋味深く余韻たっぷり。もしやこれは大人のためのビール?

「ここではぜひ、定番ビールと木樽で熟成させた新しいビールの世界、両方を楽しんでいただきたいですね」と、小林さん。
今後開催するというブルワリー見学ツアー情報も入手。ビール仲間ができたら一緒に参加したい。
『Shared Brewery』でも、忘れず「中央線と暮らす」アプリでチェックイン。オリジナルクージーの応募まで、スタンプはあと一つだ。

DATA


遠足気分で訪ねたい酒飲みのテーマパーク

3. 石川酒造[拝島駅]

3軒目に訪れたのは、文久3(1863)年創業の『石川酒造』。日本酒の「多満自慢」で知られ、明治20(1887)年からごく短期間ビールを醸造した歴史も持つ。
門をくぐると、樹齢約400年の夫婦ケヤキが出迎える。根元には地下150メートルから汲み上げる天然水が木漏れ日に煌めく。このほか、約4000坪の広大な敷地には樹齢約700年の御神木が鎮座。国登録有形文化財の建造物6棟が建ち、そのうち3つは醸造所として使用されている。敷地の広さはもちろん、刻まれた時間のスケール感にびっくりだ。
この天然水を使って、国登録有形文化財の土蔵で醸造するビールの、まさにできたてがイタリアンレストラン『福生のビール小屋』で味わえる。 
左から、「多摩の恵」のシリーズより、キャラメル香と甘みが魅惑のデュンケル。同シリーズ、クラシカルなイギリススタイルのペールエール。右端は「TOKYO BLUES」のシリーズのシングルホップウィートで、小麦麦芽を使っているので口当たりがやわらかく、ネルソンソーヴィンホップ由来の白ワインのような香りと品のよい苦味が特徴(グラスsmall各600円)。豊富なイタリアンメニューから、ビールに合う「福生産ソーセージの盛り合わせ」1500円、「桜海老と酒粕クリームチーズのピッツァ」1500円を。ピッツァ生地の弾力は、ビールと同じ天然の仕込み水を使っているからだろうか。 
『福生のビール小屋』は、店内は広くテラス席も備えているが、超人気店ゆえ平日でも予約がおすすめ。この日は11時30分に予約して、小一時間ほど早く到着。自由に見学できる敷地内をパンフレット手にゆっくり散策してみた。
ビール醸造の歴史に触れる「史料館」で古いラベルのデザインに魅了されたり、明治時代に使用していた巨大な「麦酒釜」に驚いたり。思いのほかビールの学びがたっぷり。
ビールと食事を思う存分味わった後は、直売店『酒世羅(さけせら)』へ。ビールはもちろん、日本酒やおつまみ、オリジナルグッズまで揃い、お土産選びをしている間に夕方になる。
うつろう季節の風情も『石川酒造』の魅力。秋もきっと訪ねよう。

DATA

そして『石川酒造』でもGPSチェックインし、3店舗目のスタンプをゲット!
これでオリジナルクージープレゼントの応募資格が獲得できたので、さっそく応募フォームから応募した。
スタンプラリー参加中に「#中央線ビールアフター2023」をつけてTwitterやInstagramに投稿すると当選確率2倍になるというので、この日に飲んだ『石川酒造』のビールの写真にハッシュタグを付けて投稿だ!

この勢いで行くと、さらに2店舗以上めぐり、トータルで5店舗以上スタンプを集めてビールフェスオリジナルビールセットの応募資格獲得もハードルはそれほど高くなさそうだ。
「さぁ、次はどこのブルワリーをめぐろうか」。
そう考えながら中央線に揺られて帰路についた 。

「中央線ビールフェスティバル2023 Summer」でクラフトビールがますます気になったら、参加ブルワリーを実際にめぐってみよう。
実際にブルワリーを訪ねると、醸造タンクが目に飛び込んで、すぐそこでビールを造っているという活気を感じてテンションが急上昇!
スタッフに「中央線のビールフェスに行ったんですよ〜」と声をかけてみたら、大歓迎してもらえて、会話が弾み、ブルワリーで飲む醍醐味を体感。ますますクラフトビールの沼にハマっていく 。
そんな“クラフトビールをめぐる冒険”に伴走してくれるのが、「アプリde楽しむビールスタンプラリー」だ。
中央線のクラフトビールをもっと楽しみたいみなさん。「中央線ビールフェスティバル2023 Summer」で出合ったブルワリーめぐりを通じて、さらにクラフトビールの世界を広げてみよう。

ビールフェスオリジナルビールセットが当たる!
 

【開催期間】
2023年7月24日(月)~8月31日(木)
 
【参加方法】
「中央線と暮らす」アプリをダウンロードし、アプリ内の「アプリde楽しむビールスタンプラリー」ページを開く。
 

 
②スタンプラリー参加の各ブルワリーに着いたらチェックインしてスタンプが付与されます!
 
③スタンプを3つ以上集めて応募すると、抽選で20名様にオリジナルクージーをプレゼント! 5つ以上集めて応募すると、抽選で5名様にビールフェスオリジナルビールセットをプレゼント!
 
④ラリー参加中に「#中央線ビールアフター2023」をつけてTwitterまたはInstagramに投稿すると当選確率2倍に
 
【参加料】
無料
 
【参加ブルワリー】
null
 

▼ 詳しくはこちら
https://chuosuki.jp/18178/

執筆=松井一恵 撮影=加藤熊三/逢坂 聡(イベント会場) 編集=加藤有子
上記の情報は2023年7月現在のものです。
※掲載ビールは取材時のものです。
※料金・営業時間・定休(休館・休園)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※表記されている価格は税込みです。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

中央線で行く、春の趣味探し

中央線が好きだ。公式X

@chuosuki

Instagram

@chuosuki

  • 【#達人グルメ道】
SEAFOOD MARKET ( シーフードマーケット | @sea_food.market ) / 📍 八王子駅・八王子市

八王子総合卸売センター内にあるおしゃれカフェ『SEAFOOD MARKET』では、市場の食材を生かしたグリルサンドやこだわりのスペシャリティコーヒーを味わえる。

店内に入ると、アメリカンなインテリアに和のテイストを散りばめた、こだわりの空間が広がっている。あまりのおしゃれさに、市場にいることをうっかり忘れてしまいそうだ。

サンドイッチは、アメリカンスタイルを基本にしながら、和やコリアン、イタリアンなどさまざまな国のテイストを加え、自由な発想で作っている。

人気No.1サンドは、大ぶりのエビフライをたっぷり挟んだRED・HOTシュリンプBABY。ユニークな名前のオリジナルサンドは、海外のキューバサンドなどをイメージして作られた。

お店までのアクセスにはシェアサイクル「HELLO CYCLING ( @hellocyclingjp )」が便利。自転車に乗って中央線のグルメ道を究めに行こう!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
〇JR中央線八王子駅から約2.4km、自転車で約9分。
〇8時~16時(フード14時30分LO、ドリンク・スイーツ16時LO)、水・木休。
〇八王子市北野町584-30 八王子総合卸売センター内
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #達人グルメ道 #八王子 #八王子市 #東京都 #SEAFOODMARKET #シーフードマーケット #八王子総合卸売センター #八王子グルメ #八王子カフェ #八王子スイーツ #中央線グルメ #中央線カフェ #中央線スイーツ #グリルサンド #HELLOCYCLING #ハローサイクリング
  • 【#プチ旅コンシェルジュ】
湧水からはじまる物語 水と緑の日野さんぽ

街中の至る所から水音が涼やかに聞こえてくる日野。その水は緑を潤し、いきものを育み、農産物の栽培にも欠かせない。しかも、日野台地の崖線から湧く湧水も点在。せせらぎをたどり、いざ、水の都へ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

➊湧水のある風景

日野駅の南に広がるこんもりとした緑の小山は日野台地。その崖線に湧水地が点在する。

その一つ、谷仲山(やなかやま)地区に向かうと民家が途切れ、雑木林の先に木道が現れた。日野市「水辺のある風景 日野50選」にも選定された場所だ。

湧水が作る小さなせせらぎは、多摩川と浅川の2つの川から水を引く用水路に合流し、日野市内を縦横無尽に走る。民家に渡る小橋があちこちにかかる情景もしっとりとした趣だ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❷Farmer’s market東京 みなみの恵み( @jatokyominami.373 ) / green oasis cafe 042( ゼロヨンニ | @32cafe.ja )

毎朝、採れたてが並ぶ農産物直売所『Farmer’s market東京 みなみの恵み』。
お尻がとんがったファーストトマトに、日野ブランドの樽トマト、キヌサヤ、ソラマメ、ピーマン、キュウリなど、地場産野菜を中心に、わんさか山積み。

その片隅に併設されているのが『green oasis cafe 042』だ。
直売所の旬野菜を惜しげもなく用いたメニューが目白押しで、中でも2階で楽しめるランチのサラダブッフェには注目だ。

〇JR中央線日野駅から徒歩28分。または、駅から高幡不動駅行き京王バス約13分の「高幡橋」バス停下車、徒歩6分
〇日野市万願寺6-31

『Farmer’s market東京 みなみの恵み』
〇10時〜18時、水休

『green oasis cafe 042』
〇11時〜17時LO、サラダブッフェは11時〜15時(14時LO)で、土・日・祝は90分制

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❸黒川清流公園

日野バイパスを豊田駅方面へ歩くと、クヌギやコナラが立ち並ぶ美しい雑木林に出くわした。
東豊田緑地保全地域だ。
黒川清流公園はその一部で、日野台地の崖線に張り巡らされた遊歩道を下れば崖の下に出る。

崖線から染み出す湧水が清流を作り、さまざまないきものたちを呼び寄せている。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❹猫目堂茶店( @nekomedou_official )

黒川清流公園の崖上を豊田駅の方へ歩くと、白い暖簾が目に入る。
香箱を作る黒猫イラストは、店主の畔上(あぜがみ)千春さんの手描き。
店の内外に、くつろぐ様子の猫の人形が置かれ、心和む木造の小さなカフェだ。

注文の折にはまず、ショーケースをチェックすべし。食材次第で作る日替わりの惣菜やスイーツがオンパレード。

月曜のスコーン、火曜のどら焼き、りんご型南部鉄器を用いて焼き上げる要予約のアップルパイも評判だ。

〇JR中央線豊田駅北口から徒歩5分。
〇8時30分〜18時30分(モーニングは〜11時、ランチは11時〜15時)、水・木休。
〇日野市多摩平2-12-3

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #プチ旅コンシェルジュ #日野 #豊田 #日野市 #東京 #Farmersmarket東京 #greenoasiscafe042 #猫目堂茶店 #黒川清流公園 #中央線カフェ #中央線グルメ #日野カフェ #日野グルメ #中央線さんぽ #プチ旅 #日帰り旅 #日帰り旅行
  • 【#そろそろソロ飯】 
vivo daily stand 中野本店 ( @vivodailystand ) / 📍 中野駅・中野区 

『vivo daily stand 中野本店 』は、グルメストリート「中野レンガ坂商店会」に店を構えるバルだ。

料理はフレンチの人気店出身の花本シェフが調理したものを提供。カジュアルフレンチの料理を中心としたラインナップになっている。

20時までならドリンク1杯とデリ2品、またはデリ1品とドリンク2杯のセットで1320円というお得なメニューも。セットを自由に組み合わせることもできるので、思い思いに楽しむことができそうだ。

女性一人客も少なくもなく、いろんな人が隣り合って、いろんな話をしている。
ゆるくつながって、思い思いに楽しむ姿。これぞまさしく「中央線カルチャー的」といえそうだ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
○JR中央線中野駅南口から徒歩約2分。
〇11時〜26時(25時30分LO)、無休。
〇中野区中野3-35-6
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
 
記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。
あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪ 
 
#中央線が好きだ #中央線 #そろそろソロ飯 #中野 #中野区 #東京 #vivodailystand #vivodailystand中野本店 #中央線グルメ #中央線ディナー #中央線飲み #中野グルメ #中野ディナー #中野飲み #ビストロ #中野居酒屋 #中野レンガ坂 #ソロ活 #おひとりさま #おひとりさまごはん #中野レンガ坂 #フレンチ #カジュアルフレンチ
  • 【#中央線手みやげノート】
DOCE ESPIGA( ドース イスピーガ │ @doceespiga ) / 📍 御茶ノ水駅・千代田区

異国を旅する気分が味わえるユニークなお菓子を販売するポルトガル菓子店。

偶然出会ったポルトガル人の少年がきっかけで、ポルトガルに興味を持ち、ポルトガルに渡ったというオーナーの髙村美祐記さん。日本よりも小さな国ながら、それぞれの地方で特有のお菓子が作られているそう。

手みやげにおすすめのお菓子は「ごあいさつボール」。練乳と卵、バター、ココナッツなどを鍋でよく練って、さらにココナッツをまぶしてアクセントにアーモンドをトッピング。 

また「リス川のそよ風」というポルトガル中部を流れる河川にちなんだロマンチックな名前のお菓子も。卵、アーモンド、砂糖シロップを蒸し焼きしたもので、もっちりとした食感が独特だ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
○JR中央線御茶ノ水駅御茶の水橋口から徒歩10分。
〇7時~18時(土・祝は8時~15時30分)、日休(月休の場合あり)。
〇東京都千代田区神田小川町3-2-5
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #御茶ノ水 #千代田区 #東京 #手みやげ #手土産 #doceespiga #ドースイスピーガ #中央線スイーツ #中央線グルメ #御茶ノ水スイーツ #御茶ノ水グルメ #千代田区グルメ #千代田区スイーツ #洋菓子 #洋菓子店 #ポルトガル #ポルトガル菓子 #テイクアウトスイーツ #スイーツ女子
  • 【#中央線手みやげノート】
オザワ洋菓子店( @ozawayougashiten ) / 📍 御茶ノ水駅・文京区

創業まもない時期、初代が「ショートケーキ以外にもイチゴのお菓子を作りたい」と考案したのが「イチゴシャンデ」だ。

地元に住む人たちの特別な日を彩り続け、地域に根ざして58年の洋菓子店。

クッキー地の土台にイチゴをのせ、その上に生クリームを絞ってチョコレートでコーティング。その姿は森に生えるキノコのようで、半分に割ると真っ赤なイチゴが姿を現す。その形がシャンデリアのように見えたことから名付けられた名前も印象的だ。

事前の予約枠は埋まってしまうことも少なくない。予約と別に店頭販売分があり、それを目指して訪れる人も後を絶たない。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
○JR中央線御茶ノ水駅御茶の水橋口から徒歩11分。
〇10時30分~18時、日・月休。
〇東京都文京区本郷3-22-9
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #中央線手みやげノート #御茶ノ水 #文京区 #東京 #手みやげ #手土産 #オザワ洋菓子店 #イチゴシャンデ #中央線スイーツ #中央線グルメ #御茶ノ水スイーツ #御茶ノ水グルメ #文京区スイーツ #文京区グルメ #ケーキ #洋菓子 #洋菓子店 #テイクアウトスイーツ #東京スイーツ #スイーツ女子
  • 【#中央線で行く春の趣味探し】 
フジヤカメラ店( @fujiyacamera1938 ) / 📍 中野駅・中野区

中央線沿線には、新たな趣味が見つかる、多彩なスポットが充実している。

『フジヤカメラ店』は、カメラ愛好家が集まる中野の老舗カメラ専門店。

フロアはカメラのメーカーやアイテムごとに1階と2階に分かれ、カメラ本体やレンズ、アクセサリー類を幅広く販売している。
デジタルカメラからフィルムカメラまで、新品・中古ともに豊富な品揃えが自慢。

カメラ好きのスタッフによる親切丁寧なアドバイスにより、カメラの知識がなくても、目的や予算に合ったぴったりの一台を見つけられる。
カメラデビューに必要なものが一式揃うので、その日からすぐに始められる。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
○JR中央線中野駅北口から徒歩約1分。
〇10時~20時30分、無休。
〇中野区中野5-61-1 中野タツミビル
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
 
記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
 
#中央線が好きだ #中央線 #中野 #中野区 #東京 #フジヤカメラ #fujiyacamera #カメラ #カメラ女子 #カメラ初心者 #カメラ好き #カメラ散歩 #カメラ旅 #フィルムカメラ #趣味 #趣味の時間 #趣味探し #canoneosr10 #panasoniclumixdmcgx7 #nikonnewfm2 #nikonf3hp
  • 【#中央線で行く春の趣味探し】 
革工房こじか( @kojikafactory ) / 📍 武蔵小金井駅・小金井市

中央線沿線には、新たな趣味が見つかる、多彩なスポットが充実している。

『革工房こじか』は、武蔵小金井にある小さなレザークラフト教室。
約30種類のアイテムから選べる単発のワークショップと、好きなアイテムを自由に作れる定期教室を開催している。

財布やコインケースなどの小物から、ショルダーバッグなどの本格的なものまで、レベルに関係なく作りたいアイテムを作れる自由度の高さが人気だ。
体験は和やかな雰囲気で進み、講師の丁寧な指導も好評。初心者はもちろんのこと、子どもから大人までワイワイ楽しめる。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
○JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩約12分。
〇10時~12時半、13時~15時半、不定休。
※営業日は応相談。詳しくはInstagram( @kojikafactory )をご確認ください。
〇小金井市貫井南町3-2-21 プチハビタナカヤ1F A5
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
 
記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
 
#中央線が好きだ #中央線 #武蔵小金井 #小金井 #東京 #革工房こじか #革工房 #レザークラフト #レザークラフト体験 #レザークラフト教室 #レザークラフトワークショップ #ハンドメイド好きさんと繋がりたい #ハンドメイド #趣味 #趣味の時間 #趣味探し
  • \今週末は #西国分寺ビアフェスタ 開催!🍻/
5月11日(土)・12日(日)に、中央線沿線のビール醸造所を中心として、各店自慢のビールの飲み比べが楽しめる「西国分寺ビアフェスタ」を開催します!
ビール以外にもおつまみにぴったりの唐揚げや焼きそばなど、全18店舗の出店を予定しています🍺
各店のこだわりが詰まったビールとともに、中央線で過ごす至福のひとときをお楽しみください♪

★開催日時:5月11日(土) 11:00~21:00(L.O 20:45)
      5月12日(日) 11:00~20:00(L.O19:45)
★会場:西国分寺駅東側エリア(西国分寺駅前交番・ルネサンス横、東京都国分寺市泉町2-9)

◎詳細は公式サイトをチェック☑
 https://chuosuki.jp/event2/nishikoku_beerfesta/

皆様のご来場を心よりお待ちしております🍺

#西国分寺ビアフェスタ2024
#ビアフェス #ビールフェス #ビール祭り #ビール #ビール好き #ビール部 #ビール党 #今日のビール #今日の一杯 #beer #クラフトビール #ビール好きな人と繋がりたい #クラフトビール好きな人と繋がりたい #クラフトビール男子 #クラフトビール女子 #ビール飲み比べ #クラフトビール飲み比べ #craftbeer #ブルワリー #brewery
  • 【#プチ旅コンシェルジュ】
山梨県上野原で古くから家庭で作られていたローカルフードといえば、酒饅頭だ。
店ごとの工夫は、食感、味わい、具に表れ、地元の人たちもそれぞれに贔屓の店を持つ。
まずは食べ比べて、お気に入りを見つけよう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❶永井酒饅頭店

「生麹も加えた酒種だからか、香りがいいって言ってもらえるね」と4代目店主の永井利夫さん。

約10種ある酒饅頭の種類の豊富さは他店の追随を許さない。
不動の1番人気はあんまんで、次いで3種の味噌をブレンドした濃いめの甘辛のみそまんが評判。まかないから始まった魚まんは、上野原ならではの味。

〇JR中央本線上野原駅北口から徒歩22分。または、駅南口から光電製作所前行き富士急バス約9分の日大明誠高校入口バス停下車、すぐ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❷高城まんじゅう店

店を切り盛りするのは、東京の老舗和菓子舗で腕を磨いた4代目の高城昭二さん。「先代の背中を見て、兄弟2人であれこれ工夫して」と、あんだきや生地をブラッシュアップ。

ひと回り大きめな酒饅頭を頬張ると、しっとりもっちり、キメ細かで、品のよい甘みが酒の香りとともに鼻を抜けていく。粒あんが王道だが、赤・白を合わせた味噌だれはとろんと甘じょっぱく、高菜も評判。

○JR中央本線上野原駅北口から徒歩28分、または、駅南口から光電製作所前行き富士急バス約12分の営業所前バス停下車、すぐ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❸高嶋屋酒饅頭店

3代目店主の清水博さんは研究肌。かゆに麹を加えて作る酒種の発酵には木樽を交互に用い、雑菌をなくし、酵母菌だけを育てる工夫を厭わない。

あんまんを筆頭に、神奈川県清川村産の味噌をたっぷり用いた甘辛味噌、塩鮭を蒸し焼きしてほぐしいれた魚まんも人気。頬張れば、生地はしっとりふわっふわ。口中で広がる甘みと香り、そして餡のバランスが絶妙だ。

○JR中央本線上野原駅北口から徒歩22分。または、駅南口から光電製作所前行き富士急バス約9分の日大明誠高校入口バス停下車、すぐ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❹桂川

酒饅頭を手にしたら、一路桂川へ。
川べりに緑豊かな遊歩道やベンチが整備され、のんびり散歩したくなる。

〇JR中央本線上野原駅南口から徒歩4分

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

5. ふらっと上野原/Wine Wall Uenohara

観光案内所「ふらっと上野原」の2階にある「Wine Wall Uenohara」。窓辺を埋め尽くすワインボトルはすべて山梨ワインだ。

「常時100銘柄以上置いています。都心から1時間圏内でこれだけ揃ってる場所は他になかなかないと思いますよ」と、スタッフの吉川愁さん。

山梨ワイナリーの知識が豊富な専門スタッフも立ち、新たなワインとの出合いも楽しみだ。

〇JR中央本線上野原駅南口すぐ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #プチ旅コンシェルジュ #上野原 #上野原市 #山梨 #中央線グルメ #山梨グルメ #上野原グルメ #永井酒饅頭店 #高城まんじゅう店 #高嶋屋酒饅頭店 #桂川 #ふらっと上野原 #winewalluenohara #ワイン #山梨ワイン #酒饅頭 #酒まんじゅう #日帰り旅行 #山梨旅行 #山梨観光

おすすめ記事

武蔵境駅

【3日目】中央線ビールフェスティバルの出店ブルワリーを全制覇 〜誰でも楽しめるクラフトビールの魅力を一気に7杯紹介〜

国分寺駅

le fournil(ルフォーニル) 木もれび

国立駅

kunitachi tea house(クニタチティーハウス)[国立駅]

西荻窪駅

nộm cà phê(ノム カ フェ)