• トップ
  • グルメ
  • 【1日目】中央線ビールフェスティバルのブルワリーを全制覇 ~個性豊かなクラフトビールの魅力を再発見~

武蔵境駅

【1日目】中央線ビールフェスティバルのブルワリーを全制覇 ~個性豊かなクラフトビールの魅力を再発見~

居酒屋に入るやいなや、脊髄反射レベルで「とりあえずビールお願いします」とオーダーしていたコロナ禍前のわたし。そんなビール好きライターがコロナ禍の在宅暮らしを充実させようと手に取ったのが、醸造家の個性が存分に発揮される「クラフトビール」でした。

原料使いのアイディアが意外性に満ちており、ブランディングも鮮やかでユニーク。国内ビール大手4社の製品とは異なるクラフトビールの魅力を知り始めた矢先、3年ぶりに「中央線ビールフェスティバル」がリアル開催されることに。「これは行くしかない!」と鼻息荒くJR武蔵境駅前の会場を訪れると、バラエティ豊かな15のブルワリーが出迎えてくれました。

ブルワリーを全制覇すべく、3日間にわたってフェスをレポート。各ブルワリーのクラフトビールが飲める・買える店舗も紹介します。フェスに行った人も行けなかった人も、中央線沿いブルワリーの“とっておきの1杯”を、お店に飲みに行きましょう!

この記事の目次


JR武蔵境駅前に15ブルワリーが揃い踏み

初日はクラフトビール好きの友人Nさん、編集Hさん、わたしの3名で参戦。17時からのスタートでしたが、開放感ある屋外で誰かと乾杯できることがうれしくて、最寄りのJR武蔵境駅に開場30分前に到着してしまいました。目指すは、駅から徒歩30秒ほどの武蔵野プレイス前に広がる境南ふれあい広場公園。テーブル席が配置された芝生を取り囲むように、ブルワリーやフードの出店ブースが並びます。
事前にオンライン購入した回数券を受付で引き換え。第1会場全店共通、5枚綴り3000円で、都度購入の1杯650円より50円ずつお得に飲めるのがありがたいところ。ブースのスタッフに渡してビールを注文すると、きっぷのデザインの回数券が1枚ずつ切り取られ、スタンプを1個押してもらえるシステムです。5個集めると、オリジナルグッズが当たる「中央線ビアルーレット」に参加できます。事前購入者はこのルーレットに必ず参加できる特典が付いていました。

パイオニア精神で開拓するハニービールの可能性

HONEYCOMB&HOPWORKS[東中野駅]

★とっておきの1杯★
Honeycomb Bullet(スペシャルティハニービール、ABV5.0%)


記念すべき1杯目には、事前取材の段階から気になっていた『HONEYCOMB&HOPWORKS』のハニービールをチョイス。ビールの主原料である麦芽・ホップ・水・酵母に「蜂蜜」を加えた新しいスタイルのクラフトビールです。いざ、ハニービールデビュー!

ブルワーの木下祐斗さんがオススメしてくれた定番ビールのうち、今回はすっきりとした飲み口のHoneycomb Bullet(ハニカムバレット)をいただきました。ライチの花から採った蜂蜜と高級ホップのザーツが醸すフローラルな香りが特徴だそう。マスクを外して香ってみると華やかなアロマが鼻をくすぐります。蜂蜜特有の甘みは舌に残りませんが、奥の方にしっかり風味を感じることができました。
Honeycomb Bulletを飲むなら、タップルームを兼ねた販売所『HONEYCOMB&HOPWORKS』へ。こちらでは通常6〜7種のビールを提供しています。温度が上がってからも香りの変化が楽しめるハニービールの特徴を感じてもらうために、店舗では「提供するグラスにこだわっています」と木下さん。ハニービールの魅力を「産地・花・収穫時期によって異なる特徴の蜂蜜を、さまざまなホップと組み合わせることで多様なビールを製造できます」と語り、パイオニア精神を覗かせてくれました。

地元産の原料を活用した飲みやすいクラフトビールを

26K Brewery[武蔵境駅]

★とっておきの1杯★
Mr. SAKAI(黒)(DARK SPICE ALE、ABV4.5%)


続いては「中央線ビールフェスティバル」の“お膝元”といえる武蔵境のブルワリー、『26K(ニーロクケー) Brewery』のブースを訪れました。刺激的な1杯を求めて選んだのは、武蔵境産のトウガラシを使った定番のスパイスエール、Mr. SAKAI(黒)。焙煎した麦芽を投入し、ライトな香ばしさを演出したそう。辛さが苦手な人でも安心して楽しめるよう、トウガラシのうまみを引き出したとか。

口に含むと、辛さは感じないものの舌先にピリッとするトウガラシ感が! 先に飲んだ編集Hさんが「喉のあたりが温かくなってきました」と言うと、友人Nさんが「スリミングジェルを塗ったところがポカポカする感じ?」と言語化のナイスパスを投げてくれました。遅れてわたしの喉元にも、じんわりとした温かさが到来。同じ1杯を誰かと共有する楽しさを実感します。

『26K Brewery』の母体は広告制作会社。2018年にビール事業を立ち上げ、地元産の原料を活用したビールを数多く生産しています。カフェ併設のブルワリーにはクラフトビール初心者がよく訪れることから、責任者の平槇駿一さんは「飲み疲れしないビールを醸造しています」と話してくれました。
JR武蔵境駅周辺の高架下に店を構える『Cafe Sacai』には『26K Brewery』が醸造した、みんなのレールエールが置いてあります。2021年に収穫した地元産の生ホップを使用し、宮崎県産のヘベス果汁を投入したことで柑橘の酸味とほろ苦さが加わった逸品だそう。ペットを連れて食事ができるテラス席のあるスタイリッシュなダイニングカフェで、フードメニューとともにゆったり楽しんでみては。

番外編! 駅員と地域住民が育てたホップでつくる「ぽっぽやエール」

2杯飲んで、すっかりいい気分。休憩がてら、第二会場・nonowa Terrace武蔵境まで散歩に来ました。入口アーチには武蔵境駅の駅員さんや地域住民の皆さんが栽培したホップが豊かに実っています!
この地元産ホップを使ったぽっぽやエール(240ml)800円を、まずは友人Nさんがひと口。「苦味が少なく初心者向きなんじゃないかな」。クラフトビール通の感想をもとにわたしもご相伴にあずかると、たしかにクセが少なく飲みやすい! 思わぬ収穫に足取りも軽く、第一会場へ戻りました。

海外の方が喜ぶパンチあるビールづくりを

Fat Barley Brewing[福生駅]

★とっておきの1杯★
HOP’N ROLL(WEST COAST IPA、ABV7.0%)


プレーンで飲みやすいぽっぽやエールの次に、飲もうと思い出したのは、事前取材でうかがった『Fat Barley Brewing』ブルワー・森慶太郎さんの「お酒に強い海外の方に喜んでいただけるようなパンチあるビールづくりを心がけています」というコメントでした。目指すはクラフトビール初心者からの“脱皮”です。

モルトとホップとイーストをバランスよく配合し、飲みやすさを意識したというHOP’N ROLL(ホップンロール)を前に“脱皮”の覚悟が揺らぎます。ビールリストを見ると、苦味の基準値である「IBU」の数値が「36」とけっこう高い──。日本のビール大手4社による製品の平均的なIBUが「20前後」といわれているなかで、わたしの子ども舌は果たして順応するのでしょうか?

思い切って飲んでみると、鼻を通るホップの香りが意外なほど芳しい! ガツンとした苦味のパンチを喰らう一方で、飽きの来ないスタンダードな余韻を感じます。森さんの職人魂に触れ、編集Hさんは「クラフトビールを飲んでいる!って気持ちにさせてもらえる1杯だなぁ」と感激しきりでした。
英ロンドンへの交換留学を機にビアパブ通いを始め、クラフトビール製造への気持ちを少しずつ温めていった森さん。帰国後は飲食業を経験し、2014年に『ASHFORD Craft Beer Pub』を新装オープンしました。2018年の醸造免許取得後にタップルーム併設の『Fat Barley Brewing』を立ち上げ、現在もモルトをふんだんに使ったビールづくりに励んでいます。「留学当時、初めて飲んだモルティなペールエールが忘れられなくて」と語る職人の“結晶”であるクラフトビールを、ぜひ味わってみては。

自然の中で味わうクラフトビールは格別

VERTERE[奥多摩駅]

★とっておきの1杯★
COMMELINA(TABLE SAISON、ABV3.5%)


初日のラスト1杯は、JR 青梅線の終着点である奥多摩駅にほど近い場所に醸造所を構える『VERTERE』へ。「奥多摩には気軽に行けないから」と誘い合う来場者が多く、ブースは常に行列でにぎわっていました。

同じ奥多摩を拠点にフードトラックで出店している『わさび食堂』のわさび丼をビールに合わせたいと伝えたところ、オススメしてくださったのは低アルコールセゾンCOMMELINA(コメリナ)。フローラルな中に柑橘を思わせる香りが感じられ、最後には辛くスパイシーさが残ります。飲み心地はとても軽く、何より爽やか! クラフトビール単体で存分にニュアンスを楽しんだあと、わさび丼がどんどん進みました。主役を張れるし脇にも徹することができる万能な存在感、店舗や通販でもぜひ味わってみてください。
『VERTERE』のクラフトビールを店で飲みたいなら、毎週土曜・日曜にオープンしている『Beer Cafe VERTERE』へ。古民家をリノベーションしたという店舗は外観・内観ともに木のぬくもりと自然に満ちており、都心の喧騒やスピード感とは一線を画しています。

奥多摩駅前の『Bottle Shop』では、自社製の缶ビールやオリジナルグッズの取り扱いも。場所柄、登山やハイキング帰りに調達して折り返しの列車に乗り込み、ゆったり味わいながら旅路を振り返ってみては。

明日もクラフトビールで燃料チャージ

初日は、4つのブルワリーのとっておきの4杯と、駅員さんと地元の人でつくるクラフトビールに出合えました。

また会場では、人が入れ替わったのを見計らってはテーブルをアルコール除菌し、ゴミ箱や集積所を清潔に整える専任スタッフの活躍も。一人でじっくり味わう自宅飲みも豊かだけれど、ブルワーさんやイベントスタッフ、隣り合わせた来場客など「他者」の存在を感じながら屋外で楽しむクラフトビールは格別です。この空間から、また明日もエネルギーをもらおう。そう再訪を誓って追加購入した回数券を握りしめ、中央線から帰途についたのでした。

取材・文・撮影(ビールフェスティバル会場)=岡山朋代
上記の情報は2022年8月現在のものです。
※料金・営業時間・定休(休館・休園)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

中央線からクラフトビールの世界へ出発進行!

Instagram

@chuosuki

  • 【#中央線が好きだ。】

\常時20種! 個性豊かなラインナップはクラフトビールならでは/

今日の写真は #杉並区) の「阿佐ヶ谷20(トゥエンティー)TAPS feat.ビール工房」さん( @20taps )

中央線沿線を中心に続々と店舗を展開する「ビール工房」。クラフトビールという言葉が世間に浸透する前からいち早く、都内で店内に併設した醸造所で自家製ビールを製造してきたブルワリーだ。
阿佐ヶ谷店が2019年にリニューアルし「阿佐ヶ谷20TAPS feat.ビール工房」と改称。その名の通り、店内に20のTAPがずらりと並ぶ様は壮観!
夏にぴったり、スッキリ爽やかな酸味の「塩レモンサワーエール」、クリーミーで滑らかな口当たりの「高円寺Cream」など、各店舗に常駐する醸造スタッフが思い思いに設計した個性あふれるビールが10種オンタップ。
ビール工房のショーケースのような役割を果たしている。
さらに全国から厳選したゲストビールも10種。ボディや香り、苦味などをグラフ化したものが載ったメニューも用意されているので、好みの味にたどり着きやすいのも嬉しい。
早い時には数日でタンクが入れ替えになることも。新しいビールも随時開発されるので一期一会の出合いをぜひ楽しみたい。

JR中央線阿佐ケ谷駅北口から徒歩約1分。
17時〜22時30分(土12時〜22時30分、日・祝12時〜21時)LO各30分前、月休。
杉並区阿佐谷2-1-8
☎ 03-3336-0606

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #洋食 #ビール
  • 【#中央線が好きだ。】

\高尾山愛好家による、高尾山に捧げる愛にあふれたビール/

今日の写真は #八王子市 #高尾駅 の「高尾ビール おんがたブルワリー」さん

2017年創業のブルワリー。
元々高尾山に登ることが好きで、都心から引っ越してきたという池田周平さん。山を降りて家に帰るまでに美味いビールが飲みたい。その気持ちが、気づけば自分でビールを作ることに。
「だからきっかけはごく私的なことでした。本当は誰かが作ってくれるのを待っていたんですけどね」と笑いながらも、「まず高尾山ありき」を貫く愛にあふれたブルワリーだ。
「高尾山は登山初心者に優しい山。うちのビールもクラフトビールの入口になれるよう、わかりやすくて飲みやすいものを作っています」。

高尾ビールの主な販売店
My Home // Coffee, Bakes, Beer
JR中央線高尾駅北口より徒歩8分。
八王子市東浅川町1007-1
ビール販売は13時〜17時30分(日は16時30分まで)、月・火休。
https://www.myhome-coffee-bakes-beer.tokyo
※その他の販売スポットは公式HP(https://www.takaobeer.com/liquorshop/)でご確認ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #テイクアウト #ビール
  • 【#中央線が好きだ。】

\スタイリッシュなラベルをまとった、アートなビール/

今日の写真は #国立 の「KUNITACHI BREWERY-くにぶる-」さん

醸造長を務める斯波(しば)克幸さんは国立の隣町・府中の出身。発酵文化に興味を持ったことから、ビールの醸造にたどり着いたそう。
「実はお酒はあまり飲めないんです」と驚きの告白。「でも味は好きなんですよ」と笑いながら続ける。
2020年11月の初醸造から1年半。古いと新しいが混在する国立の街らしく「古いは新しい」をテーマに、伝統的な製法を大切にしながら新しいエッセンスを加えてみたり、革新的な挑戦をしてみたり。魅力あるビールへの探究心はそこ知れないパワーとなっている。
主な販売店は、国立駅の南側に広がる富士見通りにある「SAKE-BOUTIQUE SEKIYA」。
KUNITACHI BREWERYの商品は常時5~6種類をラインナップ(製造のタイミングなどにより異なる)。また、タップスタンドも併設しているので出来立てを味わうこともできる。

KUNITACHI BREWERYの主な販売店
SAKE-BOUTIQUE SEKIYA
JR中央線国立駅南口から徒歩約2分。
☎ 042-571-0001
国立市中1-9-30
11時〜20時、無休。
http://www.sekiya.co.jp/sake/

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #テイクアウト #ビール
  • 【終了しました】
中央線ビールフェスティバル 、本日で終了いたしました!
お越し頂き、本当にありがとうございました😊
またみなさまとかんぱーーーい🍻できる日を心待ちにしております!

#中央線ビールフェスティバル #中央線ビールフェスティバル2022summer
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\保育のプロが丁寧に作る、野菜たっぷりヘルシーデリ/

今日の写真は #八王子 の「OSA CAFE deli and more …」さん( @osa.cafe )
※写真は7月の移転前のものです。

料理上手な母の元に育ち、自身も料理好きに育った店主の長壁(おさかべ)百合子さん。
元々は保育に関わる仕事をしていて、食育指導士の資格を保有していることもあり「小さなお子さんから年配の方まで、誰の口にも合うようなメニュー作り、味つけを心がけています」という。
これまでに考案したレシピは100種を超え、ポテトサラダだけでも10種類以上。その中から人気の高いものを定番化し、毎日6〜7種類が日替わりで店頭に並ぶ。
素材を生かした味つけや食感の楽しさはもちろん、目からも伝わってくる「おいしい!」が、テーブルを囲む友人たちを笑顔にしてくれるはず。

JR中央線西八王子駅南口から徒歩約6分。
11時~15時(売り切れ次第終了・SNSにて完売告知)、水・金・土のみ営業。
八王子市散田町3-12-6-102
☎080-7654-9470

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #テイクアウト #野菜 #手みやげ
  • いよいよ明日…!!

7月21日から24日の4日間、「中央線ビールフェスティバル2022summer」を武蔵境駅前にて開催します🍻

個性あふれる15ブルワリーのクラフトビールをご用意して皆さまのお越しをお待ちしております。

会場の様子はストーリーでお知らせいたしますのでお楽しみに📸

3年ぶりの…!「カンパーイ!!」

詳細は公式サイトからチェック👀プロフィールからアクセスしてね👆

#中央線が好きだ #中央線ビールフェスティバル2022summer #中央線ビールフェスティバル
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\ほっこり優しくてどこか懐かしい…家庭の味に心なごむ/

今日の写真は #杉並区 の「瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当」さん

店主・大沼祥江さんは近隣で居酒屋「瓜坊」をはじめて18年。素材の味を生かした優しい味つけが評判を呼び、2019年にこの店をオープンした。
福島県会津地方出身の大沼さんは「東北は味が濃いイメージがあるかもしれませんが、母の料理は味つけが控えめで。幼い頃に食べていた味が今の料理のベースになっているかも」。
和食を中心にイタリアンや中華風など、日替わりで12〜14種ほど。写真2枚目右から時計回りに、カブの小エビ炒め、ほうれん草のしょうが和え、にんじんサラダ、ブリ子とこんにゃくの正油炒め、豚肉のトマト煮。友人たちの喜ぶ顔を浮かべながら、 “あれもこれも”とつい財布の紐が緩んでしまう。
エコへの関心も高く、テイクアウトは簡易包装で提供。海外の市場のようで、パーティの楽しさを演出してくれそうだ。
さらに容器を持参すればポイントがもらえ、貯まれば惣菜と交換が可能。胃袋にも地球にも優しいお惣菜やさんなのだ。

JR中央線荻窪駅南口から徒歩約6分。
11時30分~15時・17時~21時、日・祝休。
杉並区荻窪5-7-11
☎03-5397-1257

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #和食 #テイクアウト #手みやげ
  • webマガジン「中央線が好きだ 中央線が好きだ。」夏の特集、「中央線からクラフトビールの世界へ出発進行!」を更新しました🍻

「エール?IPA?何やら敷居が高い…」「何を飲んだら良いかわからない…」というクラフトビール初心者の皆さまに、クラフトビールの奥深い魅力と、中央線ならではの楽しみ方をわかりやすくお届けします。
これを読めば、「中央線ビールフェスティバル」がもっともっと楽しめることうけあい👍
サイトへのアクセスはストーリーから!

#中央線が好きだ #中央線ビールフェスティバル #中央線ビールフェスティバル2022summer #クラフトビール
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\渓谷を望む元料理旅館で季節を愛で、ほっこり憩う/

今日の写真は #青梅 の「旅館建物室礼美術館 河鹿園」さん

老舗料理旅館をそのまま生かし、2017年に #美術館 に。
渓谷に張り付くように並び立つ5棟は大正・昭和初期築で、国登録有形文化財だ。
渡り廊下で結ばれた全18室は床の間がとにかく美しい。伊藤若冲、与謝蕪村、円山応挙など、収集する書画から部屋の風情と季節を鑑みて選び、野にあるように花々を活け、茶の精神を静かに今に伝えている。
卓に並ぶ手書きの説明や関連画集は「好きなだけ、ご覧ください」と、3代目の宇佐美昭さん。昭和初期のモダンな円形風呂、文人墨客の直筆書画、我楽多市もあり、見どころ満載だ。
年に5回、室礼を変えるので、折々に訪れたい。
さらには、喫茶室も併設。青梅特産にんじんジュースは、甘みの強いオレンジ色ニンジンの「お日様」もあるが、黄色ニンジンの「お月様」は甘み控えめでみずみずしい香り。表千家流で点てた抹茶とお干菓子もいい。
木枠の窓の外は緑に包まれた渓谷美。一服しながら見惚れたい。

JR青梅線御嶽駅から徒歩約1分
11時〜15時入館、月・火休。
入館料 800円、1日ごゆっくり券1200円(ドリンク付き、再入場可)
青梅市御岳本町335
☎090-5342-9223
※喫茶のみの利用は不可
https://www.omekanko.gr.jp/spot/11301/
https://www.facebook.com/kajikaenmuseum/

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #自然 #ミュージアム #プチ旅 # # #

関連記事

三鷹駅

肉の小清水

西荻窪駅

モロッコレストラン tamtamu(タムタム)

武蔵境駅国分寺駅西国分寺駅

オンリーワンを発見! 中央線沿線のこだわりパン屋

西荻窪駅

nộm cà phê(ノム カ フェ)