通い続けたい店がある

この記事の目次

中央線をこよなく愛し、沿線暮らしを謳歌している人ほど、地元店との距離が近い。お気に入りを見つけたら、とことん通って惚れ込んで、店主やスタッフと親しくなるからだ。気心知れた店がある街で暮らす醍醐味が、この沿線には息づいている。
例えば、栄養バランスのいい定食ならばここ、スパイシーなカレーはここ、お菓子を手土産に買うなら、どうしてもラーメンを食べたいときはと、通い続けたい店はジャンルごとにあり、日々の食生活を豊かにしてくれている。特筆すべきは、近所の農家や商店から食材を調達する店の多いこと。おいしく食べて地域貢献につながる手応えも魅力的。
扉を開ければ「いらっしゃい」と馴染みの顔。続けて、店内に漂うおいしいにおい、厨房から聞こえる調理音など、いつもの雰囲気に包まれて、「ほっ」。通い続けたい店には、ここでしか出合えない看板商品はもちろん、心和む温もりが潜み、通う人を元気にしてくれる。
お腹も心もたっぷりと満たしてくれる店へ。まずは気軽に訪ねてみよう。


おかずを自在に組み合わせた自分好みの定食

ゆず [荻窪駅]

  • まぐろ納豆、ブタサラダ、あじフライの三品定食1450円。二品は1000円。

もともと割烹だったが、1998年(平成10)頃、客の要望に応じて夜も定食を出すように。16種類ものおかずから、その日の気分で好きな2〜3品を選ぶスタイルだ。「特別なことはしていないよ」と、店主の佐藤秀雄さんは笑うが、白絞油で揚げるアジフライは歯ざわりサックリ、身はふっくらしっとり。舌に吸い付くようなマグロの刺し身は、マグロ納豆にすればご飯にのせてかっこみたくなる。また、思いつきで季節のメニューが登場することも。

DATA


選りすぐりの国産食材を使う店主渾身の定食に脱帽

階段ノ上ノ食堂 [吉祥寺駅]

  • ある日のC定食は、小田原地アジのフライ1400円。メニューは日替わり。

「僕自身が、少し高くてもおいしいものが食べたくて」と店主の浜名晃(あきら)さん。相模湾近海の天然魚、岩手県の短角牛、埼玉県小川町の有機野菜など、お眼鏡にかなう食材しか使わない徹底ぶりは、食べる人に喜んでもらいたい一心から。ある日は、ふんわりとした身のアジフライを中心に、チーズを散らしたサラダ、自家製お豆富など彩り豊かなおかずが並ぶ。蓄熱性が高いフランス製の鍋「ストウブ」で炊くご飯も魅惑で、春は畑より直送で届く極上のタケノコ入りご飯がお目見え。

DATA


欧米定番の朝食を買いに出かけたい

Unicorn Bakery [国立駅]

<

  • 草木生いしげる木造りの佇まいが英国カントリー風だ。

ツタが絡まる木造の家屋は、木枠の引き戸、柄ガラスの古びた風情が印象的。店主のあんじゅりさんが、アメリカ育ちの英国人の母・スーザンさんと始めた店で、オリジナルのレシピで焼かれたアメリカ定番のマフィンや、イギリス伝統の焼き菓子・スコーンなどが見目麗しく並ぶ。リッチな甘みは朝食にうってつけだ。また、バタークリームを絞りバラの花のように飾るローズカップケーキは食べるのが惜しくなる美しさ。

DATA


立川産野菜も使う香り高きひと皿

Chichika(チチカ) [立川駅]

  • ポークカレー、鶏のドライキーマカレーの二種盛り1050円。周囲に添えられた副菜もお楽しみ。

ガラムマサラとレッドペッパーをちりばめて仕上げる、スパイシーなカレー。ボリューミーでいささか大胆なビジュアルに目を奪われつつ、大きな皿から立つ香りにうっとりする。無類のカレー好きが高じ、独学でスパイスの世界を探求し続けている店主・藤本貴則さん。「とにかく香りが好きで、僕にとって一番大事」と力を込めて話す。タマネギやポテトの副菜と混ぜ合わせると、さらに別の香りがふわりと生まれる。“香りも味なり”を、五感を澄まして実感したい。近頃はテイクアウトも好評。蓋を開くときの香りが癖になる!

DATA


圧倒的な支持「タマネギ多め」の八王子ラーメン

中華そば 吾衛門(ごえもん) [西八王子駅]

  • 中華そば600円。八王子ではタマネギがポイント。

丼を埋め尽くすタマネギが圧巻。八王子ラーメンはタマネギが欠かせないが、ここまで特化する店は稀有だ。客からの要望に応え、通常の4倍のみじん切りを丼にオン。季節で変わる辛味や水分を考慮しながら刻み方を変え、「1日に12kg、40〜50玉を刻んでいます」と、店主の石川征之さんは笑う。豚の煮汁、煮干し、カツオ、サバから作るスープが低加水の特注ストレート麺に絡み、タマネギの食感が絶妙。やみつき必至だ。

DATA


取材・文=teamまめ(佐藤さゆり 松井一恵)
撮影=原幹和 オカダタカオ 鈴木奈保子

上記の情報は2021年2月現在のものです。
※表記されている料金は税込価格です。
※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

最新の特集

『これからも中央線が大好きだ!』

Instagram

@chuosuki

  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\爽やかに香るレモンうどん/

今日の写真は #甲州 の「茶房 あらい」さん( @sabouarai )

店主の荒井博さんが2017年に開業した茶房は、曽祖母宅で使われていた障子や茶箪笥、苔色の壁で設えられた心和む空間だ。

毎朝手打ちするうどんは、2種類の香川県産小麦粉をブレンドした麺で喉越しツルリ。冷やしレモンうどん700円は、瀬戸内レモンが爽やかだ。
甘味も多彩で、なかでもフルーツ大福、フルーツもなか各300円は、8月からは地元産の巨峰が加わりみずみずしい甘みを添える。

JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約30分、もしくは車で約5分。
11時〜16時30分、日•月•火休。
甲州市塩山西野原108
☎090-8680-1937

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲州 #カフェ #ランチ #うどん #和
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\名水が生むひんやりトゥルンの極上わらび餅/

今日の写真は #甲州 の「山の湯宿 はまやらわ 塩山分店」さん

標高1400mにある奥多摩湖源流の湧き水で練り上げた山の湯宿の茶菓子が看板商品。
本わらび粉を用いた名水わらび餅のお茶付き700円は、黒糖、よもぎなどの種類があるが「白糖を試してみてください。黒蜜をかけなくても味わい深いですよ」と専務の伊藤寿朗さん。
むっちりした弾力で、ひんやり冷たく溶けていく。

店内には、桃、巨峰など6種のおみやげ用各200g715円もあり、「2種セット(1,320円〜)ならお得ですよ」と伊藤さん。
また自由に喉を潤せるようにと、名水サーバーも設置。名水は体にすっと染み込んでいくようだ。

JR中央本線塩山駅南口から徒歩約20分。
10時30分〜18時、水休。
甲州市塩山下於曽1381-1 
☎0553-34-8041
http://www.hamayarawa.jp/

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲州 #甘味 #わらび餅 #スイーツ
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\優美な擬洋風建築は旧小学校校舎/

今日の写真は #甲府の「藤村記念館」さん

甲府駅北口へと戻ると、駅前広場に美しき洋館が。
1875年(明治8)に巨摩(こま)郡睦沢(むつざわ)村(現甲斐市)に建てられた旧睦沢学校校舎を移築したものだ。
2階のベランダ、黒塗りアーチの枠など西洋風の意匠が見事で、国指定の重要文化財。館内の見学もできる。

JR中央線甲府駅北口からすぐ。
9時~17時、月休(祝の場合は翌日休)。
甲府市北口2-2-1(甲府駅北口広場)
☎055-252-2762

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲府 #観光スポット  #洋館
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\山梨産ワインが約300種揃う!/

今日の写真は #甲府の「ワインセラー」さん

『葡萄酒一番館』で気に入ったワインを見つけたら、立ち寄りたいのがこの店。
甲州種、マスカットベーリーA種といった甲州ワインや、スパークリング、果実酒などがずらり。
市場に出回らない「登美の丘」4410円や、「ロリアン勝沼甲州」2035円も手に入る。一升瓶、ワンカップも揃え、手みやげにもうってつけだ。

JR中央線甲府駅改札口2F自由通路直結 セレオ甲府2階。
9時~20時、無休。
甲府市丸の内1-1-8セレオ甲府2F 西側フーズフロア
☎︎055-224-5463

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #酒 #お酒 #ワイン #ワインセラー #甲府 #山梨 #お土産
  • 【#中央線が好きだ 「そろそろ、ソロ飯」】

\出来たてをハフハフすれば踊りだすおいしさ! 西荻窪駅の焼売専門店/

今日の写真は #西荻窪 の「シュウマイルンバ」さん(@shumairumba )

木造りの設えに裸電球、色付きガラスなど、レトロな店内が印象的な焼売専門店。
看板メニューの焼売は注文が入ってから蒸し始めるので、出来たてアツアツ。
紹興酒の芳香が後を引く、自家製ルンバサワーもぜひお試しあれ。
おつまみやご飯メニューも充実し、しっかり食べたいお客にもうれしい。
テイクアウトも対応。

JR中央線西荻窪駅南口から徒歩約4分。
11時30分~15時・17時~23時、月休(不定休あり)。※テイクアウトあり
杉並区西荻南3-8-19
☎03-3247-8170

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #中央線が好きだ #中央線グルメ #シュウマイ #グルメ #おつまみ #東京 #杉並区  #西荻窪
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\帰路前に、山梨伝統スタイルでワインをいただく/

今日の写真は #甲府の「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」さん。

山梨のワイナリーでは昔からワイン造りを手伝う地元の人向けに、一升瓶サイズを用意。家庭では、一升瓶から湯呑み茶碗に注ぎ、地の食材を用いた郷土料理とともに晩酌する。そんな山梨伝統スタイルを気軽に楽しめる駅ナカのスポットだ。湯呑み茶碗ワイン380円はソーサーになみなみとこぼしてくれるのがうれしく、地元食材を盛り込んだデリカップなども味わえる。

JR中央線甲府駅改札からすぐ みどりの窓口横。
10時~20時、無休。
甲府市丸の内1-1-8 セレオ甲府2F
☎︎055-269-5455

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #甲府 #山梨県 #山梨 #お酒 #酒 #ワイン #大人 #立ち飲み
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\文豪も愛した温泉銭湯で生き返る/

今日の写真は #甲府の「喜久乃湯温泉」さん。

1926年(昭和元)から続く温泉銭湯は、文豪・太宰治が新婚時代を暮らした地からほど近く日々顔を出したという。1966年(昭和41)に建て替えたが、昔懐かしい体重計、木製ロッカーなどが脱衣場を彩り、昭和の趣が濃厚! レトロな浴室では、とろんとなめらかな自家源泉がやさしく肌を包むよう。2階には畳敷きの広々した大広間もあり、ゆったりとした時間を過ごせる。

JR中央線甲府駅北口から徒歩約15分。
10時~21時30分、水・第3木休。
430円(サウナ無料)、大広間利用込み入湯料900円
甲府市朝日5-14-6
☎055-252-6123

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #温泉 #レトロ #甲府 #太宰治 #銭湯
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\戦前建築の意匠と骨董が魅惑的な純喫茶/

今日の写真は #甲府の「六曜館珈琲店」さん。

木造りでアーティスティックな純喫茶があると聞き、大通りから1本入る。
すると、森のようにこんもり緑が茂る一角に目が留まった。戦後間もない頃、戦前建築を移築した旅館『萬集閣(まんしゅうかく)』だ。1972年(昭和47)、旅館の応接室にカウンターと棚を設け、勝手口を玄関にした喫茶が開業。緑の正体はアイビーで「喫茶の開業時に頂いた時は2株の鉢だったのに、冬でも枯れないの」と、ママは朗らかに笑う。

入り口そばには色とりどりのマッチが展示され、中へ入ると10個のランプがシャンデリアのごとく吊り下がり、ステンドグラスが艶やか。戦前の甲府の古写真、文明開化を伝える版画の赤絵などが壁を彩り、まるでプチ資料館だ。

信玄公パフェにも惹かれるが、平日11時〜14時30分なら、ネルドリップで淹れるコーヒー付きの日替わりランチ1000円を。「私の好きな味に仕上げてます」とママが作る金曜のランチはカレーで、まろやかながら後からスパイスがふんわり。夜限定メニューの名物・餃子をビールやワインと楽しむのもいい。耳に響くのはクラシック音楽と古時計が時を刻む音。ドリンクを手に、まどろみへと誘われる。

JR中央線甲府駅南口から徒歩約3分。
9時~22時LO、日休(祝は不定休)。
甲府市丸の内2-15-15 萬集閣1F
☎055-222-6404 

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #甲府 #珈琲 #コーヒー #喫茶店 #おしゃれ #ランチ #ディナー #クラシック
  • 【八王子】桑都日本遺産センター 八王子博物館

JR八王子駅南口のサザンスカイタワー八王子3階に、八王子の歴史文化と日本遺産の魅力に触れることができる「はちはく」がOPENしています👺入館料は無料なので、八王子にお立ち寄りの際はぜひ😊

#中央線が好きだ

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有