プチ旅コンシェルジュへようこそ!
中央本線や青梅線、五日市線など、中央線からちょっと足を延ばした沿線には、知られざるおすすめスポットがたくさん!
毎回さまざまなテーマで、日帰りで楽しめるおすすめコースをご案内。
次の休日は中央線のその先へ、列車に揺られお出かけしよう!

武蔵五日市駅

アジサイの名所に昔ながらの街並み。武蔵五日市駅から女子ひとり自転車さんぽ

四方を山に囲まれ、街を横断するように秋川が流れる五日市。6月にこの街へ降り立つなら、「現代の花咲か爺さん」なる人物が作り上げたアジサイの名所に足を運びたい。ほかにも、豊かな自然が育てた神秘的な風景や昭和の風情が残るごはん処など、見るべき場所は数知れず。せっかくなのでレンタサイクルを借りて、山あり谷ありの街を軽快に走り抜けよう。

この記事の目次

目的地までのアクセスと歩き方

JR中央線新宿駅から約1時間5分・立川駅から約35分で武蔵五日市駅に到着。駅を出てすぐの『東京裏山ベース』でレンタサイクルを借りて、山中や街を巡る。舗装はされているものの、全体的にアップダウンのある道なので、水分補給は欠かさずに。また、山中を歩く場面もあるので履き慣れた靴で出かけよう。

1.

東京裏山ベース [武蔵五日市駅/案内所&レンタサイクル]

街の入り口たる案内所。旅の情報はここで仕入れよう!

武蔵五日市駅を出たら、まずは『東京裏山ベース』へ。ここは、武蔵五日市のアウトドア情報や街の歩き方、イベント開催など、この界隈を楽しむための情報を発信している案内所。レンタサイクル(1日2200円~)も用意している。

電動式自転車もレンタル可能。

武蔵五日市~秋川渓谷エリアを「東京裏山ワンダーランド」と称する店主の神野ケンジさん。通称ジンケンさんは、街全体をまるでテーマパークのように見立てながらスポットを紹介。「手ぶらで来ても楽しんでもらえるよう、いろいろな遊び方を提案しています」。自転車旅の見どころを聞けば、雄弁に答えてくれるのが心強い!

DATA


ZiZi[武蔵五日市駅/街なかアート]

五日市の守り神?

『東京裏山ベース』を後にしたら、本日のお目当てである『南沢あじさい山』を目指して山道を疾走。舗装されていて走りやすいが、勾配もなかなか……。疲れたら、無理せず歩いて体力を温存するのもあり。
ふと道の脇に目を向けると、優しい表情の木像が。これはあきる野市に『深沢小さな美術館』を建てた彫刻家・友永詔三(あきみつ)さん作の「森の妖精ZiZi」。木陰や川べり、果ては民家の庭など至る所に佇み、道行く人々を見守っている。その数は100体以上になるのだとか。今日の旅では、何体見つけられるかな?

2.

南沢あじさい山 [武蔵五日市駅/アジサイ園]

1万5000株ものアジサイが咲き誇る山道

『東京裏山ベース』から走ること約20分、『南沢あじさい山』に到着。駐車場に自転車を止め、山道に入っていくと、目に映る色とりどりのアジサイに感動!
もとは南澤忠一さんが1971年(昭和46)に、先祖代々伝わるこの地に2株のアジサイを植えたことが始まり。以来、少しずつ山を開き、さらにアジサイを植え続け、今や1万5000株ものアジサイが咲き誇る名所に。いつしか南澤さんは、この界隈で「現代の花咲か爺さん」と呼ばれるようになったそう。
今年からドライフラワー工房をオープン。販売も始めた!

DATA


3.

山抱きの大樫 [武蔵五日市駅]

岩に根を張る不思議な巨木

アジサイを堪能したら、次に目指すは「山抱きの大樫(やまだきのおおかし)」だ。これまた、自転車を山道の入り口に停め、細く急な道を10分ほど歩く。ふと、眼前に現れた巨大な岩を見上げると、その岩を抱えるように上に立つカシの大木に圧倒される。さらに登って近づいて見れば、岩に根がしっかり張っていることがわかる。幹回りが約6.5m、高さ約20mのこの巨木は、あきる野市指定天然記念物。静かに鎮座する姿は神秘的で、ため息がこぼれる。

DATA


4.

洋食キッチン シオン [武蔵五日市駅/洋食]

地元で愛される老舗のオリジナルメニュー

右からシェフの大野則章(のりあき)さんと2代目の陽一さん。

山を降りたらお昼時。すっかりお腹が空いたところで『洋食キッチン シオン』へ。1976年(昭和51)に創業した武蔵五日市駅界隈初の洋食店で、ハンバーグ、シーフードミックスフライ、カレー、スパゲティと、定番の洋食がメニューに並ぶ。

サルべニア1188円、ミニサラダとスープ付き。

なかでも、人気の品はサルべニア。シェフの大野則章さんが修業時代、先輩から「こんな料理があるらしい」と聞いた噂話から、想像を膨らませて発明したオリジナルだ。
ドライカレーに豚ロースの焼肉がドドンと乗っている、豪快な一品。手ごろな大きさにカットした肉と一緒にドライカレーを頬張れば、スパイスの香りとほのかな辛味が口中を包み、次のひと口を誘う。

DATA


5.

きれ屋 [武蔵五日市駅/手ぬぐい]

土産におひとつ、手ぬぐいはいかが?

店主の安藤諭さん。店舗は明治築の古民家だ。

食事を終えて街道を駅方面へ少し行くと、風情ある古民家が目に入る。
ここ『きれ屋』はもともと呉服店だったが、4代目を継いだ安藤諭さんは「新しいスタイルでアプローチをかけよう!」と、2004年に手ぬぐい専門店へと路線変更した。

『きれ屋』オリジナルブランド「三布三用」の手ぬぐい各1320円。

店内に並ぶ色とりどりの手ぬぐいに見とれていると、「こんなのもあるよ」と、安藤さんは店内にかかっている前掛けを指差した。よく見ると、帆布と手ぬぐいを合わせて作られているではないか! なかなかお目にかかれないお洒落手ぬぐいアイテムだ。

DATA


秋川[武蔵五日市駅]

せせらぎに耳を澄ませながら、駅へと向かう

このまま街道に沿って駅に戻るのもいいけれど、街の象徴たる秋川も見て帰りたい。『きれ屋』の向かいの細路地に入り5分ほど走れば、すぐさま川沿いの道に出る。のどかな雰囲気に癒やされながら、少しずつ駅へと近づいていきたい。

雄大な自然の中で出会える、のどかな人々に癒やされる

山あり谷ありの道を行き、雄大な自然や昔ながらの街並みに触れてきた自転車旅。出会う人々はどこかのんきで人懐っこく、ウェルカムな雰囲気に心がほっこり温まる。
また、今回紹介したスポットの一部を巡るウォーキングイベント「武蔵五日市 駅からハイキング」や、武蔵五日市駅前で「五市マルシェ」が開催されることも。武蔵五日市の魅力的なスポットはきっとまだたくさんある! 今回未踏だったスポットに再挑戦するのもアリかも?

武蔵五日市 駅からハイキング
https://www.jreast.co.jp/ekihai/evdetail.aspx?EvCd=0321014

五市マルシェ
https://imatama.jp/contents/goichi/

取材・文=高橋健太(teamまめ) 撮影=オカダタカオ

上記の情報は2021年6月現在のものです。
※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

世界のグルメ・雑貨・絶景をぐるっと巡る 中央線で海外さんぽ

Instagram

@chuosuki

  • おはちゅう☀
1日遅れてしまいましたが昨日8月1日で、高尾駅は開業120周年を迎えました。当初は浅川駅という名前で、1961年に現在の名称になりました。
#中央線写真部 #中央線が好きだ
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\爽やかに香るレモンうどん/

今日の写真は #甲州 の「茶房 あらい」さん( @sabouarai )

店主の荒井博さんが2017年に開業した茶房は、曽祖母宅で使われていた障子や茶箪笥、苔色の壁で設えられた心和む空間だ。

毎朝手打ちするうどんは、2種類の香川県産小麦粉をブレンドした麺で喉越しツルリ。冷やしレモンうどん700円は、瀬戸内レモンが爽やかだ。
甘味も多彩で、なかでもフルーツ大福、フルーツもなか各300円は、8月からは地元産の巨峰が加わりみずみずしい甘みを添える。

JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約30分、もしくは車で約5分。
11時〜16時30分、日•月•火休。
甲州市塩山西野原108
☎090-8680-1937

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲州 #カフェ #ランチ #うどん #和
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\名水が生むひんやりトゥルンの極上わらび餅/

今日の写真は #甲州 の「山の湯宿 はまやらわ 塩山分店」さん

標高1400mにある奥多摩湖源流の湧き水で練り上げた山の湯宿の茶菓子が看板商品。
本わらび粉を用いた名水わらび餅のお茶付き700円は、黒糖、よもぎなどの種類があるが「白糖を試してみてください。黒蜜をかけなくても味わい深いですよ」と専務の伊藤寿朗さん。
むっちりした弾力で、ひんやり冷たく溶けていく。

店内には、桃、巨峰など6種のおみやげ用各200g715円もあり、「2種セット(1,320円〜)ならお得ですよ」と伊藤さん。
また自由に喉を潤せるようにと、名水サーバーも設置。名水は体にすっと染み込んでいくようだ。

JR中央本線塩山駅南口から徒歩約20分。
10時30分〜18時、水休。
甲州市塩山下於曽1381-1 
☎0553-34-8041
http://www.hamayarawa.jp/

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲州 #甘味 #わらび餅 #スイーツ
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\優美な擬洋風建築は旧小学校校舎/

今日の写真は #甲府の「藤村記念館」さん

甲府駅北口へと戻ると、駅前広場に美しき洋館が。
1875年(明治8)に巨摩(こま)郡睦沢(むつざわ)村(現甲斐市)に建てられた旧睦沢学校校舎を移築したものだ。
2階のベランダ、黒塗りアーチの枠など西洋風の意匠が見事で、国指定の重要文化財。館内の見学もできる。

JR中央線甲府駅北口からすぐ。
9時~17時、月休(祝の場合は翌日休)。
甲府市北口2-2-1(甲府駅北口広場)
☎055-252-2762

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #山梨 #甲府 #観光スポット  #洋館
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\山梨産ワインが約300種揃う!/

今日の写真は #甲府の「ワインセラー」さん

『葡萄酒一番館』で気に入ったワインを見つけたら、立ち寄りたいのがこの店。
甲州種、マスカットベーリーA種といった甲州ワインや、スパークリング、果実酒などがずらり。
市場に出回らない「登美の丘」4410円や、「ロリアン勝沼甲州」2035円も手に入る。一升瓶、ワンカップも揃え、手みやげにもうってつけだ。

JR中央線甲府駅改札口2F自由通路直結 セレオ甲府2階。
9時~20時、無休。
甲府市丸の内1-1-8セレオ甲府2F 西側フーズフロア
☎︎055-224-5463

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線が好きだ #中央線 #酒 #お酒 #ワイン #ワインセラー #甲府 #山梨 #お土産
  • 【#中央線が好きだ 「そろそろ、ソロ飯」】

\出来たてをハフハフすれば踊りだすおいしさ! 西荻窪駅の焼売専門店/

今日の写真は #西荻窪 の「シュウマイルンバ」さん(@shumairumba )

木造りの設えに裸電球、色付きガラスなど、レトロな店内が印象的な焼売専門店。
看板メニューの焼売は注文が入ってから蒸し始めるので、出来たてアツアツ。
紹興酒の芳香が後を引く、自家製ルンバサワーもぜひお試しあれ。
おつまみやご飯メニューも充実し、しっかり食べたいお客にもうれしい。
テイクアウトも対応。

JR中央線西荻窪駅南口から徒歩約4分。
11時30分~15時・17時~23時、月休(不定休あり)。※テイクアウトあり
杉並区西荻南3-8-19
☎03-3247-8170

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #中央線が好きだ #中央線グルメ #シュウマイ #グルメ #おつまみ #東京 #杉並区  #西荻窪
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\帰路前に、山梨伝統スタイルでワインをいただく/

今日の写真は #甲府の「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」さん。

山梨のワイナリーでは昔からワイン造りを手伝う地元の人向けに、一升瓶サイズを用意。家庭では、一升瓶から湯呑み茶碗に注ぎ、地の食材を用いた郷土料理とともに晩酌する。そんな山梨伝統スタイルを気軽に楽しめる駅ナカのスポットだ。湯呑み茶碗ワイン380円はソーサーになみなみとこぼしてくれるのがうれしく、地元食材を盛り込んだデリカップなども味わえる。

JR中央線甲府駅改札からすぐ みどりの窓口横。
10時~20時、無休。
甲府市丸の内1-1-8 セレオ甲府2F
☎︎055-269-5455

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #甲府 #山梨県 #山梨 #お酒 #酒 #ワイン #大人 #立ち飲み
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\文豪も愛した温泉銭湯で生き返る/

今日の写真は #甲府の「喜久乃湯温泉」さん。

1926年(昭和元)から続く温泉銭湯は、文豪・太宰治が新婚時代を暮らした地からほど近く日々顔を出したという。1966年(昭和41)に建て替えたが、昔懐かしい体重計、木製ロッカーなどが脱衣場を彩り、昭和の趣が濃厚! レトロな浴室では、とろんとなめらかな自家源泉がやさしく肌を包むよう。2階には畳敷きの広々した大広間もあり、ゆったりとした時間を過ごせる。

JR中央線甲府駅北口から徒歩約15分。
10時~21時30分、水・第3木休。
430円(サウナ無料)、大広間利用込み入湯料900円
甲府市朝日5-14-6
☎055-252-6123

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #温泉 #レトロ #甲府 #太宰治 #銭湯
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\戦前建築の意匠と骨董が魅惑的な純喫茶/

今日の写真は #甲府の「六曜館珈琲店」さん。

木造りでアーティスティックな純喫茶があると聞き、大通りから1本入る。
すると、森のようにこんもり緑が茂る一角に目が留まった。戦後間もない頃、戦前建築を移築した旅館『萬集閣(まんしゅうかく)』だ。1972年(昭和47)、旅館の応接室にカウンターと棚を設け、勝手口を玄関にした喫茶が開業。緑の正体はアイビーで「喫茶の開業時に頂いた時は2株の鉢だったのに、冬でも枯れないの」と、ママは朗らかに笑う。

入り口そばには色とりどりのマッチが展示され、中へ入ると10個のランプがシャンデリアのごとく吊り下がり、ステンドグラスが艶やか。戦前の甲府の古写真、文明開化を伝える版画の赤絵などが壁を彩り、まるでプチ資料館だ。

信玄公パフェにも惹かれるが、平日11時〜14時30分なら、ネルドリップで淹れるコーヒー付きの日替わりランチ1000円を。「私の好きな味に仕上げてます」とママが作る金曜のランチはカレーで、まろやかながら後からスパイスがふんわり。夜限定メニューの名物・餃子をビールやワインと楽しむのもいい。耳に響くのはクラシック音楽と古時計が時を刻む音。ドリンクを手に、まどろみへと誘われる。

JR中央線甲府駅南口から徒歩約3分。
9時~22時LO、日休(祝は不定休)。
甲府市丸の内2-15-15 萬集閣1F
☎055-222-6404 

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください。

#中央線が好きだ #中央線 #甲府 #珈琲 #コーヒー #喫茶店 #おしゃれ #ランチ #ディナー #クラシック

関連記事

プチ旅コンシェルジュ

白丸駅

山里でカントリーライフ体験を

プチ旅コンシェルジュ

高尾駅

高尾駅から梅の郷へ

プチ旅コンシェルジュ

藤野駅

五感を刺激するアートさんぽ

プチ旅コンシェルジュ

武蔵五日市駅

武蔵五日市駅から檜原(ひのはら)村ゆるゆるハイキング