季節ごとのテーマに沿って、おすすめの中央線沿線の手みやげを紹介する連載。地元ならではの食材を使っていたり、その土地の歴史を伝えていたりと、
手みやげには地域の話題がいっぱい! 中央線らしいとっておきの一品を、
大切なあの人に送ってみてはいかが?

この連載の記事一覧

手みやげノート

三鷹駅

『マ・プリエール』のマプリショコラ

渡仏し、ショコラティエに開眼した店主・猿舘(さるだて)英明さんは産地、香り、カカ

手みやげノート

西荻窪駅

街角饅頭店 吉祥天の 饅頭と花巻

「饅頭は、好きな具を挟んで食べるシンプルな粉もの」と、台湾出身の店主・邱任遠(き

手みやげノート

吉祥寺駅

aoi お菓子とパンと吉祥寺キッシュの吉祥寺キッシュ

「好きな野菜を使ったキッシュを看板商品にしよう」。2009年の開業を前にひらめい

手みやげノート

立川駅

Adam's awesome PIE(アダムス オーサム パイ)のアダムスオリジナルアップルパイ

夏はジョナゴールド、秋以降はフジ、紅玉をざくざくカットし、リンゴソースとマリネ。

手みやげノート

中野駅

さくらやま果房のコンフィチュール

「母が果物王国の岡山出身。その味を伝えたくて」と、店主の中島瑞貴さん。てんさい糖

手みやげノート

立川駅

洋菓子舗 茂右衛門の あんことくろみつ

「和菓子の“水無月”のイメージで作りたくて」と、店主・志村恭代さんが考案。ココナ

手みやげノート

武蔵小金井駅

御菓子司 三陽の麩まんじゅう

笹を開くと、冷んやりつるっの麩まんじゅう。弾力ある食感は、小麦粉から取り出すグル

手みやげノート

高円寺駅

STEKA&MJOL(ステカ&モジョル)

カラフルで愛くるしい表情に心躍るアイシングクッキー。10年前の開店時、メインの焼

手みやげノート

武蔵境駅

chocolatier KAITO(ショコラテイエ カイト)

口の中でゆっくりほどけ、芳醇でビターなカカオの香りがぐんぐん広がる。店主の三浦海

手みやげノート

国分寺駅

加藤けんぴ店の芋けんぴ

カリッ、ポリッと、軽快な音が口中に響いた後、素朴な甘みが広がる芋けんぴ。店主・加

手みやげノート

阿佐ケ谷駅

Gelateria SINCERITA(ジェラテリア シンチェリータ)のジェラート

阿佐ケ谷『豊嶋屋豆腐店』の豆乳や、荻窪『ラベイユ』のハチミツなど地元逸品も取り入

手みやげノート

三鷹駅

co-ttie(コティ)のフィナンシェ

焦がしバターとアーモンドプードルの芳醇な風味が、しっとりと口中に広がる。リッチで

最新の特集

マガジンからwebへ、中央線が好きだ。マガジン総集編「これからも中央線が大好きだ!」