プチ旅コンシェルジュへようこそ。
いつも通勤・通学など、日常の生活で利用する中央線の沿線や中央本線・青梅線。その先の沿線には、日帰りで楽しめるスポットがたくさんある。
この連載では、毎回さまざまなテーマで駅から日帰りで楽しめるおすすめコースを紹介。よく利用する駅にも、少し歩けば知らなかった魅力が見えてくる。
次の休日は中央線に乗ってプチ旅しよう!

甲府駅

銭湯、喫茶にモダン建築。甲府駅からレトロ街さんぽへ

甲府は戦国武将の武田信玄公が有名だが、それだけにあらず。鉄道遺産、洋館、蔵などが駅近くに立ち、ノスタルジックな風情が漂う。さらに、文豪・太宰治が昭和初期に通った温泉銭湯も健在だ。そぞろ歩きの締めくくりには、山梨県産ワインを味わいたい。

この記事の目次

目的地までのアクセスと歩き方

特急あずさ利用で、JR中央線新宿駅から約1時間30分・立川駅から約1時間で甲府駅着。甲府駅を起点に南北を行く街歩きなので、履き慣れた靴で。銭湯利用の場合はタオル必携。シャンプー・リンス・ボティソープは別途販売あり。

1.

かふふ驛(えき)煉瓦(れんが)ひろば[甲府駅]

明治時代の鉄道遺産で憩う

JR甲府駅(1番線ホーム)に降り立つと、クラシックな風情をまとうモニュメントがホームで客人を出迎える。“かふふ”とは甲府の呼び名。1903年(明治36)の開業時から昭和期にかけて実際に使用された旧煉瓦倉庫、旧こ線橋柱、旧甲府駅の釣鐘を集めて作られた。ベンチでひと息つきたくなる。

DATA


2.

武田信玄公像[甲府駅]

今年は生誕500年のメモリアルイヤー

南口の駅前広場にどっしり構える武将が。彼こそが、戦国時代に名を馳せた甲州の猛者・武田信玄公だ。2021年11月に生誕500年を迎えるお館さまにまずご挨拶して、街歩きへと繰り出したい。

DATA


3.

六曜館珈琲店 [甲府駅/喫茶店]

戦前建築の意匠と骨董が魅惑的な純喫茶

木造りでアーティスティックな純喫茶があると聞き、大通りから1本入る。
すると、森のようにこんもり緑が茂る一角に目が留まった。戦後間もない頃、戦前建築を移築した旅館『萬集閣(まんしゅうかく)』だ。1972年(昭和47)、旅館の応接室にカウンターと棚を設け、勝手口を玄関にした喫茶が開業。緑の正体はアイビーで「喫茶の開業時に頂いた時は2株の鉢だったのに、冬でも枯れないの」と、ママは朗らかに笑う。

カラフルなマッチコレクションがお出迎え。

戦前の絵本の一場面を模したステンドグラス。

入り口そばには色とりどりのマッチが展示され、中へ入ると10個のランプがシャンデリアのごとく吊り下がり、ステンドグラスが艶やか。戦前の甲府の古写真、文明開化を伝える版画の赤絵などが壁を彩り、まるでプチ資料館だ。
信玄公パフェにも惹かれるが、平日11時〜14時30分なら、ネルドリップで淹れるコーヒー付きの日替わりランチ1000円を。「私の好きな味に仕上げてます」とママが作る金曜のランチはカレーで、まろやかながら後からスパイスがふんわり。夜限定メニューの名物・餃子をビールやワインと楽しむのもいい。耳に響くのはクラシック音楽と古時計が時を刻む音。ドリンクを手に、まどろみへと誘われる。

DATA


4.

喜久乃湯温泉 [甲府駅/銭湯]

文豪も愛した温泉銭湯で生き返る

さて、眠気冷ましに線路を越えて北口エリアへ。のどかな住宅街は1939年(昭和14)、太宰治が師の井伏鱒二の勧めで結婚し、新婚時代を暮らした地。日々顔を出したのが、1926年(昭和元)から続く温泉銭湯だ。番台に上がる3代目女将の平賀理恵子さんは「新居がすぐ近くなので、雨が降っても傘をささずにやってきたそうです」と教えてくれた。
1966年(昭和41)に建て替えたが、昔懐かしい体重計、木製ロッカー、籐製脱衣かご、手描き看板などが脱衣場を彩り、昭和の趣が濃厚!
タイル張りのレトロな浴室にも心躍る。カランを含め、湯はすべて自家源泉のカルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉だ。「車座で話せるように」と、温度の異なるひょうたん型風呂が印象的。43℃の大風呂と42℃の小風呂の奥に、38℃の加温源泉、28℃の源泉、サウナまである。温冷交代浴をすれば、火照った体をとろんとなめらかな源泉がやさしく肌を包むよう。「2時間ほど、ゆっくり入る方が多いですよ」
2階には畳敷きの広々した大広間が。3連コタツ、オットマンチェアに加えて、冷蔵庫やレンジを完備し、持ち込み飲食も可能だ。共に美大卒の平賀夫妻の作品も飾られている。湯上がりに惰眠を貪り、また湯に浸かる。そんなプチ湯治が気軽に満喫できるのも幸せだ。

DATA


5.

藤村(ふじむら)記念館[甲府駅/資料館]

優美な擬洋風建築は旧小学校校舎

甲府駅北口へと戻ると、駅前広場に美しき洋館が。1875年(明治8)に巨摩(こま)郡睦沢(むつざわ)村(現甲斐市)に建てられた旧睦沢学校校舎を移築したものだ。2階のベランダ、黒塗りアーチの枠など西洋風の意匠が見事で、国指定の重要文化財。館内の見学もできる。

DATA


5.

甲州夢小路 [甲府駅/複合施設]

甲府城下の小路へタイムスリップ!

線路沿いに目を向けると、風格漂う蔵や洋館が立ち並んでいる。かつて小江戸と呼ばれた甲府城下を2013年に再現。ひときわ高くそびえる銅張の塔「甲府 時の鐘」は、江戸時代の鐘楼を復刻したものだ。時折鐘の音が街中へと響き渡っていく。
石畳の小路沿いには蔵が連なり、カフェやレストラン、雑貨店などが立ち並ぶ。水路のせせらぎを耳に、のんびり憩えるテラス席も用意。さらに奥へ進めば、古民家の古材などを使用した重厚感のある建物も。
蔵の合間から列車ものぞき見える。

DATA


7.

カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館 [甲府駅/ワインバー]

帰路前に、山梨伝統スタイルでワインをいただく

甲府の地酒といえば、葡萄酒だ。山梨のワイナリーでは昔からワイン造りを手伝う地元の人向けに、一升瓶サイズを用意。家庭では、一升瓶から湯呑み茶碗に注ぎ、地の食材を用いた郷土料理とともに晩酌する。そんな山梨伝統スタイルを楽しむスポットが、2021年4月7日にオープンした。
約30種揃える一升瓶ワインから、瓶替わりで提供。湯呑み茶碗ワイン380円はソーサーになみなみとこぼしてくれるのが嬉しい。ほかにもカクテル、ノンアルなども揃えている。甲斐サーモンとモッツアレラのバジルマリネ300円、甲州ワインビーフのデリサラダ500円など、地元食材を盛り込んだデリカップも楽しみ。
なかには、レジ脇のレンジでセルフで温めるデリもあり、旬野菜のラクレットメルト500円は熱々とろ〜りでチーズが伸びる伸びる。
ワイン樽をテーブルにした立ち飲みには、通勤客も旅人も入れ替わり昼夜集う。駅改札のすぐ目の前。電車の発車時刻までここでゆったりワインを味わいたい。

DATA


8.

ワインセラー(セレオ甲府)[甲府駅/ワイン販売]

山梨産ワインが約300種揃う!

『葡萄酒一番館』で気に入ったワインを見つけたら、立ち寄りたいのがこの店。甲州種、マスカットベーリーA種といった甲州ワインや、スパークリング、果実酒などがずらり。市場に出回らない「登美の丘」4410円や、「ロリアン勝沼甲州」2035円も手に入る。一升瓶、ワンカップも揃え、手みやげにもうってつけだ。

DATA


歴史と文化が薫る甲府の街

甲府城を中心に、江戸、明治、大正、昭和と、各時代の風情を漂わすスポットが点在。粋で洒落た文化は文豪をもとりこにしただけあって、うっとりと時間が過ぎていく。話し好きな地元民の人柄にも触れ、心がほこほこ温まり、のびやかな心地になるのだ。

取材・文=佐藤さゆり(teamまめ) 撮影=オカダタカオ

上記の情報は2021年4月現在のものです。
※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

からだも心も温まる 中央線のHOTなサウナ

中央線が好きだ。公式X

@chuosuki

Instagram

@chuosuki

  • 【#中央線手みやげノート】
進藤洋菓子店 ( @shindo_yougashiten_official ) / 📍 武蔵小金井駅・小金井市

オーナーを務めるのは、パリの人気パティスリーでの修業経験も持つ進藤久志さん。

店の看板商品といえば、その名も「しんどうロール」。
フレッシュなイチゴ、キウイ、バナナが、ミルク感たっぷりの生クリームから覗く断面も唯一無二の美しさ。甘さを抑え、フルーツの酸味が感じられるさっぱりとした後味が印象的だ。

もうひとつのおすすめは「サーブル」。サブレのレシピをベースとして、小麦粉にコーンスターチをブレンドし、水分を極限まで減らして焼き上げる、進藤シェフ渾身の一品。口に運ぶとほどけるように崩れ、上質なバニラとアーモンド、バターの香りがふわりと広がる後をひく味わいだ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
○JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩約4分。
○11時~18時、不定休。
○東京都小金井市本町1-6-17 若林ビルⅡ 102
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #中央線手みやげノート #武蔵小金井 #小金井市 #東京 #手みやげ #進藤洋菓子店 #中央線スイーツ #中央線グルメ #武蔵小金井スイーツ #武蔵小金井グルメ #小金井スイーツ #小金井グルメ #ロールケーキ #洋菓子 #洋菓子店 #焼き菓子 #テイクアウトスイーツ #手土産スイーツ
  • 【#プチ旅コンシェルジュ】
初めてでもどこか懐かしい早春の里。南武線谷保駅でタイムスリップ

立川駅からは南武線で3駅の国立市 谷保。
平安時代に創建された天満宮を皮切りに、大正、昭和と、時代を行ったりきたりしながら、今なお残る都内の里めぐりを楽しみたい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❶谷保天満宮

谷保駅の南側に鎮座するのは、平安時代の903(延喜3)年に創建された天満宮。

撫で牛は学問成就に、体の悪い箇所と同じ部分を撫でることで治るという民間信仰も加わって、鼻先や頭を撫でていく人も多い。おかげでお顔がツルピカだ。
梅林の片隅に立つ売店『茶処てんてん』にも立ち寄りたい。

〇南武線谷保駅南口から徒歩3分。
○9時~16時50分(社務所受付)、無休。
○国立市谷保5209 

『茶処てんてん』
○10時ごろ~16時ごろ、1月~3月は雨天休(4月~12月は平日不定休、土・日・祝は雨天休)。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❷ 雨水第二幹線緑道

梅林を抜けて右へ。崖の細道を下りると、小川沿いの緑道に出る。伝い歩けば、崖を彩る樹木から鳥たちの歌声が届き、時には瑠璃色のカワセミもスッと横切る。目を転じれば、谷保に残る田畑が春を待っている。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❸ ダイヤ街商店街

駅北側に、小さなアーケードが3本並ぶダイヤ街商店街がある。質のいい鮮魚店に、焼き鳥やローストチキンが評判の鶏肉専門店、茶舗、カメラ屋など、住民自慢の名店が揃う昭和レトロなアーケード商店街だ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❹宵待月 ( @yoimachizuki )

「大正期〜昭和初期が好きで」と話すのは、この店を営む大津夫妻。
ここではチキンキーマカレーを。「煮るというより、蒸し焼き。野菜と果実がどんどん増えていって、今は9種類かな」と、博道さん。
食後は、自家焙煎のスペシャルティコーヒーをすすりたい。余韻が広がって、ほうっと肩の力が抜けていく。

見逃せないのが日本酒だ。利き酒師でもある博道さんが、めでたい名前シリーズ、気になるラベルシリーズなどを17時以降なら、気まぐれ小鉢3品付きのちょい飲みセットでも用意してくれる。

○南武線谷保駅北口から徒歩5分。
○12時~18時(土は~21時)、火・木・日休(日はイベント時のみ営業)。
○国立市富士見台1-8-11 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

❺小鳥書房 ( @kotorishobo )

店主の落合加依子さんは出版社を立ち上げ、2019年に新刊・古本を揃える書店、2023年2月には喫茶スペースを新設。

書棚を埋めるのは「たった一人のための本」としてセレクトした約2000冊。出版社として編集・刊行した本やZINEにも手が伸びる。
オリジナルの良夜ブレンドコーヒーをいただくのもいいが、「ビールを飲む方も多いですよ。不定期で19時〜22時にバータイムを設けることもあります」と落合さん。

手紙が書けるデスク席のほか、落合さんと話せるソファは常連に人気の席。「人が集まれる場にしたい」との言葉通り、界隈の本好き、カルチャー好きが入れ替わり立ち寄っては話し込んでいく姿が日常の風景だ。

○南武線谷保駅北口から徒歩5分。
○13時~19時、日・月・火休。
○国立市富士見台1-8-15 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #プチ旅コンシェルジュ #南武線 #谷保 #国立 #国立グルメ #国立カフェ #東京 #東京カフェ #谷保天満宮 #雨水第二幹線緑道 #ダイヤ街商店街 #宵待月 #小鳥書房 #レトロ #日帰り旅行 #日帰り旅
  • 【#そろそろソロ飯】 
もんくすふーず / 📍 吉祥寺駅・武蔵野市

創業以来、自然食にこだわり、添加物や保存料を使わず、米や野菜も極力無農薬、有機栽培のものが使用されている。

メニューは3種類。①は主菜が野菜料理、②は魚料理、③は肉料理で、それぞれ日替わりで用意されている。
今回は野菜の定食をチョイス。5つの皿を並べてみると、彩りの美しさが食欲をそそる。

「価格を抑えることも考えると、どうしても100%完全無農薬というわけにはいきませんが、極力無農薬、有機栽培のものを選んでいます」と店主の小林さん。
この日の主菜は里芋と冬瓜のきのこ煮。素材そのものの味わいや甘さ、食感などを損なうことなく、丁寧に調理されているのがわかる。
付け合わせの小鉢は雪菜の胡麻和え。その名の通り、雪の中で成長するという珍しい野菜だ。

小林さんの作る一汁三菜は、じんわりと身体に染みわたる。疲れたな、と感じた日にはつい足が向いてしまう、そんなオーガニック食堂だ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
○JR中央線吉祥寺駅西口から徒歩約3分。
○11時30分〜20時30分LO、水休 ※不定休あり。
○武蔵野市御殿山1-2-4
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
 
▼記事の詳細はこちらから 
https://chuosuki.jp/21951/ 

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪ 
 
#中央線が好きだ #中央線 #そろそろソロ飯 #吉祥寺 #武蔵野市 #東京 #中央線グルメ #中央線ランチ #中央線ディナー #吉祥寺グルメ #吉祥寺ランチ #吉祥寺ディナー
#中央線飲み #もんくすふーず #定食 #定食ごはん #自然食 #自然食レストラン #野菜
  • 【#中央線手みやげノート】
本郷ベーカリー ( @hongobakery ) / 📍 水道橋駅・文京区

20年以上、地元で愛されるカジュアルイタリアン『ピアンタ本郷』が運営するベーカリー。

手みやげにおすすめなのは「本郷ラスク」。店の看板商品「本郷食パン“究極”」をアレンジした「手のひら食パン」をスライスし、ほんのり甘いバタークリームをのせて焼いたもの。ザクザクッとした食感が後をひく。

味はバニラ、ストロベリー、チョコレート、抹茶、ココナッツ、バナナの全6種で、それぞれのトッピングの素材感が感じられる。カラフルで見た目も愛らしい。

また、黄身の色が濃い “マキシマムこいたまご”の卵黄を多めに使用した「本郷プリン」も人気が高い。こちらも手みやげにおすすめだ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
○JR総武線水道橋駅東口から徒歩約14分。
○9時~20時、無休。
○東京都文京区本郷2-26-11
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #中央線手みやげノート #水道橋 #文京区 #東京 #手みやげ #本郷ベーカリー #中央線スイーツ #中央線グルメ #水道橋スイーツ #水道橋グルメ #ラスク #プリン #パン屋巡り #東京パン屋 #テイクアウトスイーツ #手土産スイーツ
  • 【#中央線手みやげノート】
菫花堂 ( きんかどう│@kinka.do ) / 📍 三鷹駅・三鷹市

2023年7月、さくら通りにオープンした、こぢんまりとした佇まいの和菓子店。
3種のどら焼きをメインに、季節の和菓子や琥珀糖をラインナップしている。

手みやげには、日持ちする琥珀糖がおすすめ。
訪問時には、リンゴの紅玉と生姜杏仁の2種を、紅白の市松模様に収めた一箱を販売していた。白色の生姜杏仁は、琥珀糖のベースに擦った蜜を加えることで雪のような口溶けになる「擦り琥珀」に仕立てている。

「毎回2種類の琥珀糖を組み合わせているので、味わいと食感の違いを感じていただければ」と店主の後藤さん。
1ヶ月から1ヶ月半程度で新しいフレーバーに入れ替わるので、一期一会もぜひ楽しんで。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
○JR中央線三鷹駅南口から徒歩約12分。
○11時~17時※売り切れ次第終了、日〜水休。
○東京都三鷹市下連雀4-1-5
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #中央線手みやげノート #三鷹 #三鷹市 #東京 #手みやげ #菫花堂 #中央線スイーツ #中央線グルメ #三鷹スイーツ #三鷹グルメ #どら焼き #琥珀糖 #テイクアウトスイーツ #手土産スイーツ #和菓子
  • 【#中央線手みやげノート】
10 DIXANS ディゾン水道橋店( @dixans.tokyo ) / 📍 水道橋駅・千代田区

店内に入ると、趣あるシックで落ち着いた空間が広がっている。重厚なアイアンのショーケースには色とりどりのケーキが並ぶ。

中でも目を引くのが、赤と緑のコントラストが美しいピスタチオのケーキ「ガトーピスターシュフレーズ」だ。濃厚なピスタチオのムースと酸味のあるベリー系ソースが程よくマッチ。紅茶のビスキュイとサクサクのパイ生地が食感のアクセントに効いている。

また、濃厚なマロンクリームと生クリームのなめらかでシルキーな食感が心地よいモンブランも人気。左右にちょこんとのったマロングラッセが愛らしい。

手みやげにケーキを購入するのはもちろん、おしゃれな店内でランチタイムやカフェタイムにもゆったり過ごせる、中央線ユーザーにとっては嬉しいスポットだ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
○JR総武線水道橋駅東口から徒歩約5分。
○8時~19時(土日祝は11時〜18時)、不定休。
○東京都千代田区西神田2-7-11
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #中央線手みやげノート #水道橋 #千代田区 #東京 #手みやげ #dixans #dixans水道橋 #中央線スイーツ #中央線グルメ #中央線カフェ #水道橋スイーツ #水道橋グルメ #水道橋カフェ #ケーキ #テイクアウトスイーツ #手土産スイーツ
  • 【#中央線のHOTなサウナ】 
新宿天然温泉 テルマー湯 / 📍 新宿駅・新宿区 

花園神社や新宿ゴールデン街にも近いエリアに立つ大型温浴施設。

サウナは男女とも2種類。高温サウナは男性が約90度、女性が約85度に設定され、大粒の汗をかくことができる。
男性側には約50度に設定されたミストサウナ、女性側には水素水入り泥パック&塩サウナもある。

4階の岩盤浴エリアでは週に3回、ロウリュウが体験できるエリアも。湿度の高い空間で熱波師が力強くあおぐ熱気を直に受けることができる。

ショップではオリジナルグッズを販売。サウナハットや漫画「サ道」の著者・タナカカツキさんが描き下ろしたイラストを使ったTシャツなども取り揃えている。

『テルマー湯』は、サ飯も充実している。
和食を中心とした『山水草木』と、エスニックをベースとした『からんころん』の2店舗が地下1階にある。
『山水草木』では、明太子のおうどんや定食などを、『からんころん』ではトム・ヤム・ヌードルなど、老若男女、誰でも食べやすい味にアレンジされたエスニック料理がおすすめ

気持ちよく汗をかくことで、体はもちろん、気持ちもスッキリととのってしまう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
○JR中央線新宿駅東口から徒歩約9分。
○24時間営業、無休。
○新宿区歌舞伎1-1-2 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
 
記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #新宿 #新宿区 #東京 #中央線のHOTなサウナ #サウナ #サ活 #東京サウナ #関東サウナ #中央線サウナ #テルマー湯 #新宿天然温泉テルマー湯 #サウナイキタイ #サ道 #サウナ女子 #サウナ男子 #サウナー #ととのう #水風呂 #ロウリュ #サ飯
  • 【#中央線手みやげノート】
Rose&M ( ローズアンドエム | @cafe_rose_m ) / 📍 三鷹駅・三鷹市

看板商品は数々のコンテストなどでグランプリの受賞経験を持ち、三鷹市のふるさと納税返礼品にも選ばれている「風の散歩道レモンケーキ」。
「風の散歩道」という名称は、三鷹駅南口から井の頭恩賜公園や三鷹の森ジブリ美術館の方面へ、玉川上水に沿って続く通りの名称から取られている。

北海道産小麦を使用した生地に、瀬戸内や佐賀などのレモン農家から直送された手搾り果汁を加えてしっとりと焼き上げる。卵はレモンの酸味に負けないようコクのあるものを厳選。焼き上げた生地やその上にかけるアイシングにも果汁を加えるため、口に入れた途端、ふわりと広がるレモンの爽やかな風味が鮮烈な印象として残る。

友人や家族など大切な方と会うときは、中央線の手みやげを持っていこう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
○JR中央線三鷹駅南口から徒歩約14分。
○11時30分~19時30分、水休。
○東京都三鷹市下連雀4-17-10 ひだりまきビル1F
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #中央線手みやげノート #三鷹 #三鷹市 #東京 #手みやげ #ローズアンドエム #roseandm #中央線スイーツ #中央線カフェ #中央線グルメ #三鷹カフェ #三鷹グルメ #三鷹スイーツ #風の散歩道 #ケーキ #レモンケーキ #テイクアウトスイーツ
  • 【中央線のHOTなサウナ】 
東京荻窪天然温泉 なごみの湯( @nagomino_yu ) / 📍 荻窪駅・杉並区 

荻窪駅西口を出て、飲食店が軒を連ねる一角にある『なごみの湯』。
4階は男性、2階は女性とフロアで浴室が分かれていて、天然温泉の露天風呂も完備されている。
サウナは男性が3つ、女性が2つ。男性側の遠赤外線サウナの室温は95度前後と高め。

男女ともに、本格的なアウフグースを体験するならば、5階フロアにあるヒーリング岩盤浴エリア(別料金)へ。
ロウリュウ専用ドーム「黒龍」では、「なごみの湯 熱風隊」がタオルを横にあおぐ形で熱風を送る。温熱と水蒸気による保湿効果と発汗作用が期待でき、ストレス解消にも効果的だ。

3階のレストランではサ飯メニューも豊富で、絶品!
酸辣湯麺は特に人気。見た目と異なりかなり辛く、体の中からも発汗を促すことができる。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
○JR中央線荻窪駅西口から徒歩約3分。
○10時30分〜翌9時15分(ヒーリング岩盤浴の最終受付は22時)、無休。
○杉並区上荻1-10-10
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
 
記事の詳細は @chuosuki のプロフィール欄のURLから、中央線が好きだ。WEBサイトをご覧ください。

あなたが好きな中央線沿線のスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪

#中央線が好きだ #中央線 #荻窪 #杉並区 #東京 #中央線のHOTなサウナ #サウナ #サ活 #東京サウナ #関東サウナ #中央線サウナ #なごみの湯 #サウナイキタイ #サウナ女子 #サウナ男子 #サウナー #ととのう #水風呂 #ロウリュ #アウフグース #サ飯

おすすめ記事

プチ旅コンシェルジュ

藤野駅

五感を刺激するアートさんぽ

プチ旅コンシェルジュ

府中本町駅

府中本町駅から東京競馬場周辺を巡るサブカルさんぽ

プチ旅コンシェルジュ

川井駅

手ぶらでさくっとアウトドア! 川井駅で紅葉デイキャンプを楽しもう

プチ旅コンシェルジュ

東飯能駅

森と水の国・北欧へ、東飯能駅からプチトリップ!