プチ旅コンシェルジュへようこそ!
中央本線や青梅線、五日市線など、中央線からちょっと足を延ばした沿線には、知られざるおすすめスポットがたくさん!
毎回さまざまなテーマで、日帰りで楽しめるおすすめコースをご案内。
次の休日は中央線のその先へ、列車に揺られお出かけしよう!

勝沼ぶどう郷駅

山梨ヌーボー解禁! 勝沼を巡る、秋色ほろ酔いワイン旅

「葡萄畑が織りなす風景」として日本遺産に認定された勝沼地区では、ブドウ畑が色づく晩秋ともなると新酒が登場し始める。「山梨ヌーボー」も11月3日に解禁。フレッシュな香りと熟成させたワインを味比べしながら、のんびり巡り歩こう。

この記事の目次

目的地までのアクセスと歩き方

※バスのルートは一例です

特急利用で新宿駅から約1時間30分、八王子駅から約45分で勝沼ぶどう郷駅着。
特急券のご購入はえきねっとチケットレスサービスで。
 
駅を起点にワイナリーエリアまでは約5kmを歩くので履き慣れた靴が必須。また、ワイナリーエリアから駅へは、勝沼地域周遊の甲州市民バス(1乗車300円)などを利用するのもいい。甲州市民バスはぶどうコースとワインコースの2系統があるものの、運行本数は少ないので、駅改札外の時刻表は要チェック。停留所の位置、時刻表、運行経路、走行位置などを、現在地からスマホで調べられる「やまなしバスコンシェルジュ」も便利だ。

やまなしバスコンシェルジュ
https://yamanashi.buskita.com/#/search
甲州市民バス
https://www.city.koshu.yamanashi.jp/docs/2021020300053/


1.

勝沼食堂 Papasolotte(パパソロッテ)[勝沼ぶどう郷駅/イタリア料理]

勝沼産を盛り込んだランチを地元ワインで味わう幸せ

駅に到着したら、まずは腹ごしらえを。坂を少し下ると、小ぢんまりとしたイタリアンが出迎える。2013年の第9回J.S.A.ワインアドバイザー全国選手権大会で優勝し、猿橋でワインショップも営む長谷部賢さんがオーナーだ。
店に入ると、窓越しの景色にため息が漏れた。まるで、眼下に広がるブドウ畑の上に浮かんでいるような心地なのだ。
「ここはもともと民家だったんですよ」と、教えてくれたのはマネージャーの坂口健さんだ。和室と洋室の2間続きの店内には床柱も残り、木造りのほっこり和む風情。白壁に、ワインの作り手や来客たちのメッセージが並び記され、店が親しまれていることをうかがわせている。
ここでは、パスタランチ1980円を。はじめの前菜の盛り合わせから心が躍る。無農薬のモモの摘果をクリームチーズに合わせるなど、地の食材を用いた粋な料理揃いだ。自家製ハムも添えられ、ワインを誘う。坂口さんは料理人兼ソムリエ。甲斐ワイナリー製かざま甲州など、地元ワイナリーはもちろん、山梨県産、海外ワインまで種類豊富だ。本日のグラスワイン650円〜もあり、迷ったら尋ねるのもいい。
パスタにもときめく。香り高い地元産マイタケはエビと合わせてオイルパスタにしたり、クリーム仕立てにしたり。写真のポモドーロは勝沼産トマトのフレッシュな香りが口の中で弾ける。しかも、チーズのミルキーでまろやかなコクがナイスアシスト。ワインをお代わりするか、旬の果実を用いたスイーツに手を伸ばすか、思案のしどころだ。

DATA


2.

祝橋(いわいばし)[勝沼ぶどう郷駅/史跡]

ワイナリーと駅を結んだコンクリート造のアーチ橋

腹ごなしに歩けば、「めがね橋」と地元で親しまれる優美なアーチ橋が現れる。1873年(明治6)架橋だが、1914年(大正3)の架け替えで前年開通の勝沼駅とワイナリーが結ばれ、ブドウやワインを山積みにした荷馬車が往来できるようになった。現在の3代目は1931年(昭和6)開通のコンクリート造。県内で3橋しかない土木遺産、かつ国の登録有形文化財で、今は歩行者専用橋だ。景色を楽しむベンチも用意されている。

ⓒ甲州市

10月下旬頃からは、祝橋と平行して走る新祝橋あたりから眺めるブドウ畑の紅葉が見事。赤ブドウの赤系と、白ブドウの黄系の紅葉パッチワークは甲州特有の秋景色。しばし、見とれたい。

DATA


3.

龍憲(りゅうけん)セラー[勝沼ぶどう郷駅/史跡]

道端に現れる明治期のブドウ酒貯蔵庫

ブドウ畑を縫うように歩けば、道端に不思議な空間が口を開けている。
柵から中を覗けば、ワイン樽がごろり。
ここは、1900年(明治33)頃建造の半地下式ワイン貯蔵庫。日本初の民間ワイン会社『大日本葡萄会社』からフランスに派遣された二人の技術者が、帰国後にアーチ式煉瓦造りのヨーロッパスタイルで造ったという。ワイン関連史跡が街中にあることにも驚かされる。

DATA


4.

ルミエール ワイナリー[勝沼ぶどう郷駅/ワイナリー・ワインショップ]

明治期創業のワイナリーは見学&試飲が楽しみ

洒落た構えのワイナリーがブドウ畑に囲まれて建つ。いよいよ旅の目玉、14時から催される約30分のワイナリー見学(1人500円。前日15時までに2名以上で要予約)へ。
見学はブドウ畑から。1885年(明治18)年設立のワイナリーは、契約農園とは別に、約4haもの自社農園を持つ。
京戸川(きょうどがわ)沿いの緩やかに傾斜する扇状地に、棚や垣根式のブドウ畑が連なり、人工的に耕さず、雑草を生かした不耕起草生栽培の土がふっかふか。「水はけはいいし、寒暖差があるし、光や風もよく入る、ブドウ栽培に適した場所なんですよ」と、広報担当の三枝(さえぐさ)恭子さん。丘の上に立てば、南アルプスを望む爽快な見晴らしにも心奪われる。
醸造棟で仕込み方を学んだら、国の登録有形文化財の石蔵発酵槽へ。中央線のトンネルを掘る際にも出たといわれる花崗岩を積み上げ、1901年(明治34)に造ったものだ。ぶどうの粒を入れ、枝や茎をその上に敷き詰め、スノコを敷き、ゆっくり発酵させる昔ながらの醸造法は今に引き継がれ、石蔵発酵槽内部の石壁を葡萄色(えびいろ)に染め上げている。
他にも、昭和中期に改築された地下セラー(現在は見学中止中)もあり、伝統技法の健在ぶりがうかがえる。
ショップでは、お待ちかねの試飲タイム。約12種が並び、1杯20㎖100円〜400円。見学した石蔵で発酵させた石蔵和飲(いしぐらわいん)をいただけば、骨太で重奏的なふくよかさ。それでいてジューシーでやさしい後味で、うっとりする。
今年収穫された山梨県産「甲州」と「マスカット・ベーリーA」を使って醸造された新酒ワインが、「山梨ヌーボー」だ。新酒は毎年11月3日に解禁。今年収穫&醸したてのフレッシュな香りを満喫したい。各750㎖1760円。
自社農園産ブドウだけで仕込んだ「光」シリーズも見逃せない。約2年、樽熟成させた後、無ろ過で瓶詰めした2016年のカベルネ・ソーヴィニヨン750㎖6600円など、大地の味を凝縮させた芳醇な香りは贈り物にも最適だ。

DATA

晩秋から初冬の勝沼は、そぞろ歩きにうってつけ!

勝沼と言えば、春の花、夏の果実に注目しがちだが、秋の紅葉にも息をのむ。高台から望めば、大地に敷き詰めた絨毯のようで、品種の違いで葉の色付きが変わり、美しき模様を描いている。また、山梨ヌーボーをはじめ、新酒もお目見えする季節で、試飲といえど、つい杯が重なってしまう。酔い覚ましに、天高き秋空の下をのんびりゆったり練り歩こう。

取材・文=佐藤さゆり(teamまめ) 撮影=オカダタカオ

上記の情報は2021年10月現在のものです。
※料金・営業時間・定休(休館・休園)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

中央線で行く おてがるピクニック

Instagram

@chuosuki

  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\フランス伝統の正統派クッキー缶/

今日の写真は #三鷹 の「フランス菓子ル リス」さん( @furansugashilelis )

店名の由来にもなっているユリの花のイラストをあしらったオリジナル缶は、季節に合わせたカラー展開。
デザイン性の高いクッキー缶は、食べ終わった後も大切に使いたいアイテム。贈った後にも想いが続いていく。
缶の中に丁寧に詰められた焼き菓子は、サブレ系3種にスティックパイ、ブールドネージュ、メレンゲの全6種類。全体の色のバランスも考えて配置している。
オーナーパティシエの須山慎吾さんは“日本のショコラティエの先駆者”と称される川口行彦シェフの元で学んだこともあり、チョコレートの扱いを得意としている。小麦の香りとともに、ふわりと漂うカカオのサブレがなんとも香ばしい。
常に新しいものを販売できるよう、数を絞って生産。
完売してしまうこともあるので事前確認がおすすめだ。

JR中央線三鷹駅南口から徒歩約21分。
10時~17時(日は16時まで)、月・火休(春・夏・冬季休業あり)。
東京都三鷹市下連雀1-9-16 ケントビル1F
☎0422-70-5002

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京  #スイーツ #手みやげ
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\絵本のような世界観に心つかまれる/

今日の写真は #新宿 の「MOVE CAFE」さん

ふたを開けた瞬間、白猫のアイシングクッキーと目が合う。
そしてお団子頭の“私クッキー”もにっこり。
絵本の世界に誘われるような愛らしさに、思わず顔がほころんでしまう。
「開けたときのワクワク感を大切にしています」というのはパティシエの田中鮎美さん。手間ひまかけて丁寧に焼き上げられたクッキーたちは、素朴だけど小麦のおいしさが感じられる優しい味わい。
種類によって素材はもちろん、食感の違いもあり、ともにバランスよく組み合わせられている。
取材時の内容は桜花の和三盆漬けをのせた桜クッキーや苺のスノーボールなど、春の素材も取り入れた12種のアソート。
次は母の日に父の日、それが過ぎると夏のアソート…と、季節やイベントを追いかけていく楽しみもある。

JR中央線新宿駅東口から徒歩約10分。
12時~20時、不定休。
新宿区新宿5-16-7 加丸屋ビル2・3F
☎03-3355-7307
https://www.movecafe.com

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #スイーツ #手みやげ
  • 【#中央線が好きだ。「そろそろ、ソロ飯」】

\シンプルでどこか懐かしい。阿佐ケ谷の路地裏に佇む、街の洋食店/

今日の写真は #阿佐ケ谷 の「洋食 タン・ド・タン」さん

阿佐ケ谷駅南口から中杉通りを5分ほど歩き、信号を右手へ。
それまでの賑やかな街並みから、ガラリと雰囲気が異なる路地に佇むのは「洋食 タン・ド・タン」。
ハンバーグステーキに使われている自慢のデミグラスソースは、牛すじやたくさんの香味野菜をグツグツ、コトコト。丁寧に濾してはまた煮込むを繰り返し、丸2日かけて仕上げる渾身の味。
まろやかで深いコクのあるソースがハンバーグを包み、味を引き立てる。付け合わせの人参グラッセも、甘くてバターが効いているのがうれしい。これぞ洋食屋さんの味だ。

JR中央線阿佐ケ谷駅南口から徒歩約5分。
17時30分~22時30分(土のみランチ11時30分~14時LO)、日・月休。
杉並区阿佐谷南3-31-2 トガシビル1F
☎03-5397-1243
http://tandotan.com

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #洋食 #ソロ飯
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\廃線跡緑道に点在する『ちはやふる』マンホール/

今日の写真は #府中 の「下河原緑道」

1910年(明治43)に府中で初めて敷かれた鉄道は、砂利の運搬、乗客輸送などに利用されたが、1976年(昭和51)に廃止。
廃線跡を整備した緑道には、レールが残る場所もあり、往時を偲ばせる。
また、この道はアニメ『ちはやふる』第3話にも登場。
主人公の千早が、師匠の原田先生と歩いたことに由来し、末次由紀原作のコミック(講談社)表紙を飾った瑞沢高校かるた部5人が、4種のちはやふるデザインマンホールに姿を変えてお目見え。
市内各所にはほかのデザインマンホールも点在する。

JR府中本町駅から徒歩約7分。
府中市宮西町5-11付近ほか、マンホール設置場所詳細は
府中市HP参照。
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/smph/kirari/sagasu/theme/dorama/shimogawaragreenroad.html
http://www.chihaya-fuchu.com

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #府中 #散歩 #マンホール #ちはやふる #漫画 #プチ旅
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\ネルドリップで淹れた #コーヒー と #おやつ で一服/

今日の写真は #府中 の「こぐま屋珈琲店」さん

黒壁に木枠の扉が粋。
スペシャルティの豆を焙煎するのは、店主・高橋大介さんの弟。
中深・深煎りを中心にしたネルドリップのブレンド500円は、コクとまろみがありながらも、するりとした飲み心地。
また、アイスコーヒー を用いた珈琲ソフトなど、おやつも見逃せない。
極めつけは、ソフトクリーム をたっぷりのせた珈琲ゼリーパフェ850円(セット1050円)。
みずみずしい甘みが深い香りを後押し。
神社を借景にした2階の窓辺席で、ゆるゆるくつろぎたい。
月1で #夜カフェ も営業中だ。

JR府中本町駅から徒歩約5分。
11時30分〜18時(土・日・祝は12時〜)、不定休。
府中市本町1-1-18
☎042-306-8580 
http://kogumaya.info

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #カフェ #おいしい #プチ旅
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\馬を知り、競馬に親しむ、ウマ好きの聖地/

今日の写真は #府中 の「JRA東京競馬場・競馬博物館」さん

国内10カ所ある中央競馬の競馬場の中でも日本一の規模。
週末の場外発売日と平日の開放日なら、日吉が丘と競馬博物館を無料で堪能できる。
日吉が丘の目の前に広大な馬場が広がり、胸をすくよう。
また、すぐ脇の乗馬センターも必見。出走馬を馬場にエスコートする誘導馬をはじめ、アトラクションショー、乗馬体験、馬車などのイベントに出演する馬たちが間近。
イベントはコロナ禍で休止中だが、再び始まるその日に備え、目下、練習中だ。

場内には、無料で見学できる競馬博物館もある。
栄冠ある名馬展示、国内外の競馬の歴史、発走時の騎手やスターターの体験などに胸が高鳴る。
また、企画展、馬の絵描き教室などのワークショップも不定期開催。競馬に関わる人々についての雑学も満載だ。
---
JR府中本町駅から徒歩約18分。
10時〜16時、土・日・祝不定(中央競馬の開催日)は9時〜17時(競馬博物館は10時~、日吉が丘は~16時30分)。
3~11月:月・火休
12〜2月:月・火・金休
※営業日の詳細はJRAホームページでご確認ください。
入場料:平日・週末の場外発売日は無料 但し東京競馬場での競馬開催日のみ200円(東京競馬場での開催日はコロナ禍による入場制限があり、事前に指定席券、もしくは入場券をネット購入した人のみ入場可)
府中市日吉町1-1
☎042-363-3141
競馬博物館☎042-314-5800

https://www.jra.go.jp/facilities/race/tokyo/rcmap/index.html
https://www.bajibunka.jrao.ne.jp/keiba/index.php

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #聖地 #馬 #競馬 #競馬場 #プチ旅 #博物館
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\自販機でも手に入る? エナジーチャージの名物もつ煮/

今日の写真は #府中 の「たま家食堂本店」さん

ガテン系の熱き支持を受ける、もつ煮込み定食600円が看板の食堂。
食肉卸の加工場併設で、平日昼のみ開店。
包丁の入れ方、火入れなど、独自の下処理を施し、臭みは皆無だ。
鶏、豚、和牛のエキスが満載で、まろやかなコクに、ごはんをかきこむ手が止まらない。卓上の肉そぼろラー油もごはんのお供に最強だ。
また、店前には、営業時間外に買える自販機が設置され、冷蔵のおみやげもつ煮込(600g750円)がずらり。売り切れ御免。

JR府中本町駅から徒歩約20分。
11時~14時LO、土・日・祝休。
府中市是政3-6-29
☎042-362-6202

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #おいしい #食堂 #もつ煮 #おみやげ #プチ旅
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\目の前を南武線が走り抜ける迫力の遊歩道/

今日の写真は #府中 の「第2都市遊歩道」

府中本町駅から武蔵野ビール工場へ至るJR南武線沿いの遊歩道。
シラカシとケヤキの並木道を過ぎると、すぐ脇を車両が北上し、迫力ある姿に思わず目が釘付けになる。
また、貨物専用の武蔵野南線が走り、珍しい車両が通ることも。線路下を通り抜ける場所も随所にあり、鉄分補給にうってつけだ。

JR府中本町駅から徒歩すぐ。
府中市日新町1丁目から矢崎町3丁目

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #散歩 #遊歩道 #アクティビティ #プチ旅
  • 【中央線コーヒーフェスティバルいよいよ開催!】

2022年4月16日(土)~17日(日)、
「中央線コーヒーフェスティバル2022spring」が開催されます。
コロナ禍で中止・延期となっていましたが、2年ぶり、待ちに待った開催となります🎊

中央線沿線のお店を中心に、こだわりのコーヒー店20店舗が大集結!
「飲み比べチケット」で、気になるお店のコーヒーを飲み比べしてみませんか。

【飲み比べチケット】
飲み比べ5杯分:1セット/¥1,000
限定マグ付き飲み比べ4杯セット:1セット/¥2,000 (27日先着120個/28日先着80個)
※飲み比べチケットを購入しなくても、各店舗のコーヒーは個別に購入可能です。
※飲み比べチケットをご購入の方には、チケット1セットにつき1枚ずつ謎解き回遊ラリーイベント「ミステリートレイン珈琲急行の謎Ⅱ」の「珈琲急行乗車券(回遊ラリーきっぷ)」をお配りいたします。

日時:4月16日(土)・17日(日) 11:00~17:00
会場:コミュニティステーション東小金井広場

出店者情報等、詳細は「中央線が好きだ コーヒーフェスティバル」で検索してね。
https://chuosuki.jp/event/chuo-coffee/

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線  #中央線コーヒーフェスティバル2022 #中央線コーヒーフェスティバル #ものづくりのわコーヒー編 #コーヒー #イベント

関連記事

プチ旅コンシェルジュ

大月駅

大月駅からたどる、脱力系・大月桃太郎伝説めぐり

プチ旅コンシェルジュ

奥多摩駅

奥多摩駅から歩く、静寂と戯れる真冬の森散策

プチ旅コンシェルジュ

八王子駅

七福神ならぬ、八福神!? 八王子七福神めぐりで、一年の始まりを縁起よくスタート!

プチ旅コンシェルジュ

武蔵五日市駅

武蔵五日市駅から檜原(ひのはら)村ゆるゆるハイキング