プチ旅コンシェルジュへようこそ!
中央本線や青梅線、五日市線など、中央線からちょっと足を延ばした沿線には、知られざるおすすめスポットがたくさん!
毎回さまざまなテーマで、日帰りで楽しめるおすすめコースをご案内。
次の休日は中央線のその先へ、列車に揺られお出かけしよう!

上野原駅

上野原駅を拠点に秋山地区へ。初めての自然サウナでととのう。

自然サウナというのをご存じだろうか。森、水辺、温泉など、自然の中にテントを張って“ととのう”アウトドアサウナのことだ。自然のスケールがドでかい山梨県は“やまなし自然サウナ”と称するスポットが随所に点在する地。そこで、今回は気軽に体験できる自然サウナスポットへご案内。周辺散策と合わせて、ご堪能あれ。

この記事の目次

目的地までのアクセスと歩き方

中央線特快利用でJR中央線新宿駅から高尾駅まで約43分。高尾駅で各停に乗り換えて約16分でJR中央本線上野原駅着。秋山地区へは路線バスがないため、秋山温泉の無料送迎バスかタクシー約15分の利用を。また、秋山温泉で予約制の自然サウナを利用する場合は、電話予約が便利。アウフグースは来館後の予約制。水着を持参(レンタルあり)して出かけよう。


1.

一福食堂 [上野原駅/食堂]

駅前食堂でハイカラ料理を楽しむ

堂々とした大看板の下の白暖簾と木の看板が粋さを醸す。上野原駅の北口前に立つ食堂は、昭和31年(1956)に創業し、3月にリニューアルしたばかり。昔ながらの黄色いカレーライス、創業当初から続く澄んだ豚骨スープのラーメン600円や、丁寧に下処理した柔らかな味噌仕立ての牛のモツ煮600円など、目移り必至。なかでも、昨今名物と呼ばれているのが、牡蠣のカレー焼き飯1000円だ。
広島産カキがぷっくりツヤッツヤ。トロンとした濃厚な風味が、カレー焼き飯の芳香とともに口中に広がっていく。ボリュームがあるのに重すぎないのは、「バターではなく、オリーブオイルでソテーしているからですよ」と、3代目の関恵美さん。
また、ランチ客のリクエストに応えて登場したのが、ワッフルアイス400円。焼きたてのサクサク感と香ばしさ、ミルクジェラートのなめらかさのハーモニーに、「山梨県人は、きな粉と黒蜜が大好きなので」と、2つの素朴な甘みをプラス。ペロリと平らげていく人が少なくない。

DATA


2.

新湯治場 秋山温泉[上野原駅/立ち寄り湯]

森の中の温泉は、熱波にも心躍るサウナの聖地

南口のバスターミナルから無料送迎バスに乗り込んで、いざ秋山温泉へ。
平成8年(1996)に開湯した温泉は、pH値が約10となめらかなアルカリ性単純泉だ。内湯でなら源泉かけ流しで味わえ、ゆったり手足を伸ばせる。
しかし、魅力は温泉だけにとどまらない。
水着に着替えてプールエリアに向かえば、森を背に煙をもくもく吐き出すテントサウナが鎮座する。週末限定の自然サウナは、1時間の貸し切り制で、自分のペースで満喫できるセルフ式。
ヒノキ、グレープフルーツなど、6種類から好みのアロマ水を選び、薪ストーブのストーンにかけると、蒸気とともに香りがテント内に満ちていく。もっと熱くしたければ、薪をくべてもいい。
あとはじっと、汗が吹き出るのを待つばかり。
玉の汗が全身を覆ったら、シャワーで汗を流し、目の前の源泉プールへゴー。髪を水につけず、水風呂感覚で利用するならスイムキャップは不要だ。
「この源泉プール、夏は27〜33℃、真冬は10℃ぐらいになります」と、支配人の渡辺純一さん。夏のプールは冷たすぎず、サウナ後の水風呂に苦手意識を持っている人も、体がびっくりすることなく、ゆるやかにクールダウンできる。
締めは、テント前の椅子に腰かけ、目を閉じてととのうべし。風や水の音、鳥の声が耳に心地よく、自然の息吹に身を委ねたい。看板猫のテルちゃんも時折、顔を出す。
テントサウナの横にはアウフグース小屋もある。
アウフグースとはドイツ発祥のサウナ方式。サウナストーンにアロマ水をかけるフィンランド発祥のロウリュをした後に、熱波師(ねっぱし)がタオルで蒸気を攪拌し、熱風を送るというものだ。
基本は3セット。1セット目でアロマの濃密な香りを味わい、2セット目に心地よい温風を感じ、最後に熱波を浴びると、全身から玉のような汗が流れ出る。
「熱すぎて途中退出する人がいたり、熱風のお代わりをされるようでは、熱波師の腕としてはまだまだ。3セットを終えた時に、気持ちよさに心から満足できる。それが目標です」と渡辺さん。
秋山温泉の熱波師は、大会入賞者やチャンピオンが名を連ね、渡辺さん自身も日本サウナ熱波アウフグース協会の技術部長。ここは、“サウナー”に知られたサウナの聖地なのだ。アウフグースは常連客も多く、世間話しながらののどかな空気感も楽しみ。樹木に包まれた露天風呂に入ったり、休憩を挟んだりしながら、のんびり体をととのえよう。

DATA


3.

富岡の棚田[上野原駅]

サウナの後は、山間に広がる夕涼みスポットへ

夕涼みするなら、秋山地区の集落さんぽもいい。集落の坂を上へ上へ。登り切ったところで、来た道を振り返ってみよう。眼下に広々とした棚田が広がっている。山の傾斜地を切り拓いた田は、石積みの土手で仕切られ、青々とした稲穂が天へと伸びている。稲穂を渡る風、空の色、青田の香り、カエルの合唱に、心がのびやかになる。

4.

ふらっと上野原(Wine Wall Uenohara)[上野原駅/観光案内所+売店]

山梨の東の玄関口で出合うワインの森

再び送迎バスで上野原駅に戻ったら、目の前の観光案内所にも立ち寄りたい。街のパンフレット、レンタサイクルなども扱っているが、棚に並ぶのは上野原&山梨の味覚だ。
釜炒りの麦茶、上野原名物の酒まんじゅうやあんドーナツなど、地元自慢が勢ぞろい。
山梨県産ワインがボトル替わりで常時6種、1杯300円で試飲できるのもうれしい。
加えて今春4月、2階に地元クリエイターたちが手がけた山梨県産のワインショップ、Wine Wall Uenoharaを新設した。「上野原はワイン県・山梨の東の玄関口。90以上あるワイナリーのうち、約50ワイナリーと連携しているんですよ」と、事務局長の近藤周利(ひろとし)さん。
梁の上には流木作家が手がけた幹が立ち、壁にはブドウが描かれ、壁際にはワインボトルが約100種、房のように並び、見とれる。普段は販売のみだが、毎月9日間、1時間試飲放題の有料イベントを実施。泡や白に始まり、ロゼ、ライトな赤、フルボディの赤へと、地元ワインコーディネーターがセレクトした約15種類をコース仕立てで味比べするというもの。1500円、2500円、3000円の3コースがあり、値段が高いほど、高級ワインにお目にかかれる。
「作り手によっても、ブドウの品種によっても、味わいが異なるのがワイン。好みの味を見つけてください」。

DATA

五感で楽しむ自然の息吹

自然サウナを気軽に体験できる秋山温泉では、テントが常設され、アロマ水や薪の扱い方なども含め、サウナの楽しみ方を丁寧に教えてくれる。初心者には心強いことこの上なしの場所だ。山里の風情、山梨自慢の味覚とともに、身も心もじっくりととのえたい。
もっと自然サウナを楽しみたい方は、やまなし自然サウナサイトも要チェック!


山梨のお出かけスポットを知りたい方は特設サイト「あなたに、特別な夏。the Speciality 山梨」をチェック。
 

おうちで山梨の味覚を楽しみたければ山梨の産品を集めた特設ページ「やまなしマルシェ」へ。
山梨県は日照時間が長く、昼夜の寒暖差は、おいしい果物や野菜づくりに最適。みずみずしく、香りのよい、一度食べたらやみつきになるおいしい山梨を楽しもう。

取材・文=佐藤さゆり 撮影=加藤熊三
上記の情報は2022年6月現在のものです。
※料金・営業時間・定休(休館・休園)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

中央線からクラフトビールの世界へ出発進行!

Instagram

@chuosuki

  • 【#中央線が好きだ。】

\常時20種! 個性豊かなラインナップはクラフトビールならでは/

今日の写真は #杉並区) の「阿佐ヶ谷20(トゥエンティー)TAPS feat.ビール工房」さん( @20taps )

中央線沿線を中心に続々と店舗を展開する「ビール工房」。クラフトビールという言葉が世間に浸透する前からいち早く、都内で店内に併設した醸造所で自家製ビールを製造してきたブルワリーだ。
阿佐ヶ谷店が2019年にリニューアルし「阿佐ヶ谷20TAPS feat.ビール工房」と改称。その名の通り、店内に20のTAPがずらりと並ぶ様は壮観!
夏にぴったり、スッキリ爽やかな酸味の「塩レモンサワーエール」、クリーミーで滑らかな口当たりの「高円寺Cream」など、各店舗に常駐する醸造スタッフが思い思いに設計した個性あふれるビールが10種オンタップ。
ビール工房のショーケースのような役割を果たしている。
さらに全国から厳選したゲストビールも10種。ボディや香り、苦味などをグラフ化したものが載ったメニューも用意されているので、好みの味にたどり着きやすいのも嬉しい。
早い時には数日でタンクが入れ替えになることも。新しいビールも随時開発されるので一期一会の出合いをぜひ楽しみたい。

JR中央線阿佐ケ谷駅北口から徒歩約1分。
17時〜22時30分(土12時〜22時30分、日・祝12時〜21時)LO各30分前、月休。
杉並区阿佐谷2-1-8
☎ 03-3336-0606

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #洋食 #ビール
  • 【#中央線が好きだ。】

\高尾山愛好家による、高尾山に捧げる愛にあふれたビール/

今日の写真は #八王子市 #高尾駅 の「高尾ビール おんがたブルワリー」さん

2017年創業のブルワリー。
元々高尾山に登ることが好きで、都心から引っ越してきたという池田周平さん。山を降りて家に帰るまでに美味いビールが飲みたい。その気持ちが、気づけば自分でビールを作ることに。
「だからきっかけはごく私的なことでした。本当は誰かが作ってくれるのを待っていたんですけどね」と笑いながらも、「まず高尾山ありき」を貫く愛にあふれたブルワリーだ。
「高尾山は登山初心者に優しい山。うちのビールもクラフトビールの入口になれるよう、わかりやすくて飲みやすいものを作っています」。

高尾ビールの主な販売店
My Home // Coffee, Bakes, Beer
JR中央線高尾駅北口より徒歩8分。
八王子市東浅川町1007-1
ビール販売は13時〜17時30分(日は16時30分まで)、月・火休。
https://www.myhome-coffee-bakes-beer.tokyo
※その他の販売スポットは公式HP(https://www.takaobeer.com/liquorshop/)でご確認ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #テイクアウト #ビール
  • 【#中央線が好きだ。】

\スタイリッシュなラベルをまとった、アートなビール/

今日の写真は #国立 の「KUNITACHI BREWERY-くにぶる-」さん

醸造長を務める斯波(しば)克幸さんは国立の隣町・府中の出身。発酵文化に興味を持ったことから、ビールの醸造にたどり着いたそう。
「実はお酒はあまり飲めないんです」と驚きの告白。「でも味は好きなんですよ」と笑いながら続ける。
2020年11月の初醸造から1年半。古いと新しいが混在する国立の街らしく「古いは新しい」をテーマに、伝統的な製法を大切にしながら新しいエッセンスを加えてみたり、革新的な挑戦をしてみたり。魅力あるビールへの探究心はそこ知れないパワーとなっている。
主な販売店は、国立駅の南側に広がる富士見通りにある「SAKE-BOUTIQUE SEKIYA」。
KUNITACHI BREWERYの商品は常時5~6種類をラインナップ(製造のタイミングなどにより異なる)。また、タップスタンドも併設しているので出来立てを味わうこともできる。

KUNITACHI BREWERYの主な販売店
SAKE-BOUTIQUE SEKIYA
JR中央線国立駅南口から徒歩約2分。
☎ 042-571-0001
国立市中1-9-30
11時〜20時、無休。
http://www.sekiya.co.jp/sake/

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #テイクアウト #ビール
  • 【終了しました】
中央線ビールフェスティバル 、本日で終了いたしました!
お越し頂き、本当にありがとうございました😊
またみなさまとかんぱーーーい🍻できる日を心待ちにしております!

#中央線ビールフェスティバル #中央線ビールフェスティバル2022summer
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\保育のプロが丁寧に作る、野菜たっぷりヘルシーデリ/

今日の写真は #八王子 の「OSA CAFE deli and more …」さん( @osa.cafe )
※写真は7月の移転前のものです。

料理上手な母の元に育ち、自身も料理好きに育った店主の長壁(おさかべ)百合子さん。
元々は保育に関わる仕事をしていて、食育指導士の資格を保有していることもあり「小さなお子さんから年配の方まで、誰の口にも合うようなメニュー作り、味つけを心がけています」という。
これまでに考案したレシピは100種を超え、ポテトサラダだけでも10種類以上。その中から人気の高いものを定番化し、毎日6〜7種類が日替わりで店頭に並ぶ。
素材を生かした味つけや食感の楽しさはもちろん、目からも伝わってくる「おいしい!」が、テーブルを囲む友人たちを笑顔にしてくれるはず。

JR中央線西八王子駅南口から徒歩約6分。
11時~15時(売り切れ次第終了・SNSにて完売告知)、水・金・土のみ営業。
八王子市散田町3-12-6-102
☎080-7654-9470

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #テイクアウト #野菜 #手みやげ
  • いよいよ明日…!!

7月21日から24日の4日間、「中央線ビールフェスティバル2022summer」を武蔵境駅前にて開催します🍻

個性あふれる15ブルワリーのクラフトビールをご用意して皆さまのお越しをお待ちしております。

会場の様子はストーリーでお知らせいたしますのでお楽しみに📸

3年ぶりの…!「カンパーイ!!」

詳細は公式サイトからチェック👀プロフィールからアクセスしてね👆

#中央線が好きだ #中央線ビールフェスティバル2022summer #中央線ビールフェスティバル
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\ほっこり優しくてどこか懐かしい…家庭の味に心なごむ/

今日の写真は #杉並区 の「瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当」さん

店主・大沼祥江さんは近隣で居酒屋「瓜坊」をはじめて18年。素材の味を生かした優しい味つけが評判を呼び、2019年にこの店をオープンした。
福島県会津地方出身の大沼さんは「東北は味が濃いイメージがあるかもしれませんが、母の料理は味つけが控えめで。幼い頃に食べていた味が今の料理のベースになっているかも」。
和食を中心にイタリアンや中華風など、日替わりで12〜14種ほど。写真2枚目右から時計回りに、カブの小エビ炒め、ほうれん草のしょうが和え、にんじんサラダ、ブリ子とこんにゃくの正油炒め、豚肉のトマト煮。友人たちの喜ぶ顔を浮かべながら、 “あれもこれも”とつい財布の紐が緩んでしまう。
エコへの関心も高く、テイクアウトは簡易包装で提供。海外の市場のようで、パーティの楽しさを演出してくれそうだ。
さらに容器を持参すればポイントがもらえ、貯まれば惣菜と交換が可能。胃袋にも地球にも優しいお惣菜やさんなのだ。

JR中央線荻窪駅南口から徒歩約6分。
11時30分~15時・17時~21時、日・祝休。
杉並区荻窪5-7-11
☎03-5397-1257

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #和食 #テイクアウト #手みやげ
  • webマガジン「中央線が好きだ 中央線が好きだ。」夏の特集、「中央線からクラフトビールの世界へ出発進行!」を更新しました🍻

「エール?IPA?何やら敷居が高い…」「何を飲んだら良いかわからない…」というクラフトビール初心者の皆さまに、クラフトビールの奥深い魅力と、中央線ならではの楽しみ方をわかりやすくお届けします。
これを読めば、「中央線ビールフェスティバル」がもっともっと楽しめることうけあい👍
サイトへのアクセスはストーリーから!

#中央線が好きだ #中央線ビールフェスティバル #中央線ビールフェスティバル2022summer #クラフトビール
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\渓谷を望む元料理旅館で季節を愛で、ほっこり憩う/

今日の写真は #青梅 の「旅館建物室礼美術館 河鹿園」さん

老舗料理旅館をそのまま生かし、2017年に #美術館 に。
渓谷に張り付くように並び立つ5棟は大正・昭和初期築で、国登録有形文化財だ。
渡り廊下で結ばれた全18室は床の間がとにかく美しい。伊藤若冲、与謝蕪村、円山応挙など、収集する書画から部屋の風情と季節を鑑みて選び、野にあるように花々を活け、茶の精神を静かに今に伝えている。
卓に並ぶ手書きの説明や関連画集は「好きなだけ、ご覧ください」と、3代目の宇佐美昭さん。昭和初期のモダンな円形風呂、文人墨客の直筆書画、我楽多市もあり、見どころ満載だ。
年に5回、室礼を変えるので、折々に訪れたい。
さらには、喫茶室も併設。青梅特産にんじんジュースは、甘みの強いオレンジ色ニンジンの「お日様」もあるが、黄色ニンジンの「お月様」は甘み控えめでみずみずしい香り。表千家流で点てた抹茶とお干菓子もいい。
木枠の窓の外は緑に包まれた渓谷美。一服しながら見惚れたい。

JR青梅線御嶽駅から徒歩約1分
11時〜15時入館、月・火休。
入館料 800円、1日ごゆっくり券1200円(ドリンク付き、再入場可)
青梅市御岳本町335
☎090-5342-9223
※喫茶のみの利用は不可
https://www.omekanko.gr.jp/spot/11301/
https://www.facebook.com/kajikaenmuseum/

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #自然 #ミュージアム #プチ旅 # # #

関連記事

プチ旅コンシェルジュ

白丸駅

山里でカントリーライフ体験を

プチ旅コンシェルジュ

川井駅

手ぶらでさくっとアウトドア! 川井駅で紅葉デイキャンプを楽しもう

プチ旅コンシェルジュ

東所沢駅

見どころは、午後にあり!? カラフルに彩られた街の魅力を探して歩く、東所沢アフタヌーン散歩

プチ旅コンシェルジュ

東飯能駅

森と水の国・北欧へ、東飯能駅からプチトリップ!