日野駅

日野市で出会える新選組ゆかりの三人と新選組グッズあれこれ

日野市と新選組を巡る物語。最終章は日野市で生まれ育った土方歳三、井上源三郎、佐藤彦五郎についてもっと深く知ることができるスポットへ。彼らの子孫がそれぞれ貴重な品々を大切に守る資料館には、150年以上たった今でも彼らの生きた証しを鮮明に感じられる展示が盛りだくさん。各館オリジナルをはじめとした新選組グッズをゲットして、最後は日野の地野菜をふんだんに使う食事処で歴史散歩の余韻を楽しもう。

<第1回・第2回の記事はこちらから>
第1回 日野市と新選組の関係を知っていますか?
第2回 地元の識者に聞く! 日野市のツウな新選組スポットを巡る

この記事の目次


生家に残された品々から彼の人となりを知る

土方歳三資料館[日野駅/博物館]

  • 移築前の生家はここから300mほど東にあった。

1835(天保6)年に生まれた土方歳三の生家で、歳三が12歳のときに大洪水の被害を受け現在地に移築された。1863(文久3)年に京に上るまでの青年時代を過ごした旧家屋は、平成の時代になり建て替えられたが、館内に模型で再現。稽古に用いた天然理心流(てんねんりしんりゅう)の木刀をはじめ、直筆書簡、上洛直前に編んだ句集の『豊玉発句集(ほうぎょくほっくしゅう)』、池田屋事件で使用した鎖帷子(くさりかたびら)など、生家に伝わる貴重な遺品や史料が70点あまり展示されている。なお、愛刀の「和泉守兼定 (いずみのかみかねさだ)」は、毎年歳三の命日の5月11日前後で、基本的に年に一度の期間限定展示だ。

DATA


武芸に秀で信頼の厚かった兄弟の遺品を展示

井上源三郎資料館[日野駅/博物館]

  • 2019年、生家の蔵の跡地に資料館をリニューアルオープン。2階は道場だ。

新選組六番隊隊長を務めた井上源三郎と、その兄で八王子千人同心だった松五郎の生家にあり、2人の遺品を中心とした史料を展示。武芸に秀でた井上家らしく、源三郎の天然理心流剣術免許や、近藤勇が松五郎に贈った刀「大和守源秀國(やまとのかみみなもとのひでくに)」など、新選組や八王子千人同心、天然理心流に関する展示が多い。また、土方歳三が京から松五郎に送った書簡の数々からは、歳三をはじめ新選組の隊士たちが、松五郎をとても頼りにしていたことがうかがい知れる。

DATA


貴重な史料の数々は佐藤家と新選組の絆の証し

佐藤彦五郎新選組資料館[日野駅/博物館]

  • 早くに親を亡くした歳三を育てた彦五郎夫妻の資料館。

日野本郷名主を務めた佐藤彦五郎と、土方歳三の姉で、佐藤家に嫁いだ妻・ノブの子孫が営む資料館。義弟の歳三をはじめ、自宅に開いた天然理心流の道場から旅立った新選組の隊士たちを支援し続けた彦五郎の遺品には、彼らにまつわる貴重な史料が揃う。とくに愛刀の「越前康継(えちぜんやすつぐ)」をはじめ、横笛や鉄扇など歳三愛用の品々は必見。さらに歳三や近藤勇、沖田総司が彦五郎に宛てた手紙の数々は、彦五郎と新選組の強い絆を感じさせる。

DATA


歴史散歩の振り返りやおみやげ購入に

日野宿交流館・日野市観光案内所[日野駅/展示・グッズ販売]

  • 甲州街道を挟み、日野宿本陣のほぼ真向かいにある。

宿場町として栄えた日野の地域文化の継承と地域振興を図るため、日野宿のほぼ中央に設置された交流館。1階の観光案内所は日野市の観光情報の提供、新選組グッズや物産品の販売のほか、休憩スペースやギャラリーコーナーもある。また2階の展示室では、宿場の暮らしや新選組関連資料など、江戸時代から昭和初期までの日野宿の歩みを展示。街歩きの拠点としての情報収集はもちろん、歴史散歩の振り返りやおみやげ購入にも最適だ。

DATA


生産者の思いや情熱がうまさの源!

けいの家 日野駅前店[日野駅/食事処・居酒屋]

  • 写真の店長の実家はバジル農園!無農薬バジルとコラボしたメニューも。

新選組の法被をまとった店長が出迎えてくれる駅前居酒屋。食材はひとつひとつの産地を何度も訪れ、生産者との関係を構築。生産者の思いや情熱を料理の力に変えていく考え方は、どこか新選組と通じるものを感じさせてくれる。市内にある自社農園をはじめ、周辺農家とも連携し日野産野菜も多く提供。刺身や揚げ物などの代表的居酒屋メニューから、肉や麺類などの食事メニューまで、一品一品に生産者と料理人が紡ぐ物語が詰まっている。

DATA


日野市と新選組のカンケイは未来へと続く。

3章にわたる新選組のふるさと日野を訪ねる物語も、いよいよ完結。ゆかりのある史跡や資料館を通じて、ヒーローたちが駆け抜けた激動の時代を感じられたのではないだろうか。そして、彼らがふるさとに遺した足跡は、これからも大切に守られ続ける。2回、3回と訪れれば、また新たな発見もあるはず。うまくいかないとき、なにかに迷ったとき、自分を信じ時代の波に抗い、志高く生ききった彼らの息吹を感じに、またこの地を訪れてみてはいかがだろう。

さらに、2021年12月26日まで新選組を題材にした謎解きイベント「リアル宝探し」も開催中だ。
↓詳しくはこちら

取材・文・撮影=ケディトリアル

上記の情報は2021年11月現在のものです。
※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

伝説が生まれたまち 新選組のふるさと日野を訪ねて

Instagram

@chuosuki

  • 【#中央線が好きだ。】

\老舗和菓子店の甘味で元気をチャージ/

今日の写真は #八王子 の「伊勢屋本店」さん

創業80年を超える老舗和菓子店は、持ち帰りだけでなく、イートインもできる。
だんご90円~、お饅頭120円~、もなか130円~といった多彩な和菓子が看板商品だが、おいなりさん100円、巻き寿司120円~、助六弁当470円なども並ぶ。
特に人気No.1のみたらし団子90円は、大粒の団子がもっちもち。
タレは醤油の風味が強くあらわれ、後引く味わいだ。

JR八王子駅北口から徒歩約10分。
9時~15時(店内飲食は平日10時~14時・土日10時~15時)、水休。
八王子市八日町10-3
☎042-622-2904

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京都 #おいしい #スイーツ #和菓子 #プチ旅 #団子
  • 【#中央線が好きだ。「そろそろ、ソロ飯」】

\エビマヨも濃厚ながら軽い食べ口! 立川の中華食堂で、体に優しい中華を堪能しよう/

今日の写真は #立川 の「ゆるり 中華食堂 癒食同源」さん

「油少なめで胃もたれしない、優しい味わいの料理を作っています」と、店主の安藤重雄さん。
品書きには、60種類以上がズラリと並ぶので、ひとりなら小皿料理で自分好みの組み合わせを楽しみたい。
人気の品はカニクリーム春巻1本200円やエビマヨ3本380円~で、中華の定番ドリンク・ドラゴンハイボール480円との相性バッチリ。
はすの葉蒸しご飯480円、薬膳滋養スープ100円もシメには外せない。
たっぷり食べて、活力をチャージしよう。

JR中央線立川駅南口から徒歩約14分。
11時~14時30分・17時30分~22時、火夜・水休。
立川市羽衣町1-21-4メゾン第四立川ビル1F
☎042-548-9223

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京  #おいしい #お酒 #中華 #中華料理 #ソロ飯 #食堂
  • 【#中央線が好きだ 「プチ旅コンシェルジュ」】

\奥多摩駅から歩く、静寂と戯れる真冬の森散策/

「沿線まるごとホテル」とは、駅舎を「ホテルのフロント」として、沿線集落の古民家(空き家)を改修して「ホテルの客室」に、さらには地域住民を「ホテルキャスト」として、沿線地域を1つのホテルに見立てて接客・運営すること。新スタイルの滞在型観光を作り上げる、新たな取り組みだ。

2022年2月4日(金)~2月22日(火)に設定される「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」プランでは、森のガイドウォークや古民家ホテルでの多摩ガストロノミーディナーなどを通して、普段の生活では感じられない発見や心地よさを体験することができる。
プラン詳細、予約は公式HP(https://marugotohotel-omeline.com/)から。

また、1月21日に更新する「プチ旅コンシェルジュ」では、氷川渓谷や登計トレイル、登計集落での散策など、この「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」プランの一部を楽しむことができる。
ぜひ、奥多摩を五感で楽しんでみよう!

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #奥多摩 #古民家
  • 【#中央線が好きだ。「そろそろ、ソロ飯」】

\プチ贅沢な時間を過ごすなら、ワインとの相性抜群な高円寺のビストロ料理で/

今日の写真は #杉並区  の「フランス食堂 ビストロ ラポムドパン」さん(@bistrot_lapommedepin )

高円寺駅南の路地に潜む小さな店。
フランス産のナチュールワインを中心に揃え、ワインが進む料理が目白押しだ。
前菜の盛り合わせ2人前2200円は、ハーフ1210円も用意する。
人気はその名も「フォワグラがとろーり溶け出す黒毛和牛ハンバーグ トリュフ赤ワインソース」2640円だ。練り方、焼き方に工夫を重ねた逸品で、肉とフォアグラのコク、旨味をまとった贅沢味。
締めのスイーツまでワインと相性抜群なのも心憎い。

JR中央線高円寺駅南口から徒歩約2分。
11時30分~14時LO(火昼休)・17時~21時LO、月・第1・3火休(不定期にお休みの場合あり、instagramおよびFacebookにて配信)。
杉並区高円寺南4-26-5 YSビル1F
☎03-5929-7756(予約が確実)
https://bistrot-lapomme-depin.owst.jp
https://www.facebook.com/koenji.bistrot.lapommedepin/

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #高円寺 #おいしい #ワイン #ソロ飯 #ビストロ
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\一丁焼きで焼かれた渾身の一匹/

今日の写真は #武蔵野 の「鯛焼きのよしかわ」さん

移動販売車に改造された、1976年式の青い初代ハイエースが目印。店主の吉川好英さんは、「一匹一匹、丹精込めて」と、一丁焼きで丁寧に焼く。餡がぎっしり詰まった鯛焼き180円を割ってみると、北海道産とよみ大納言を炊いた粒餡の、明るい小豆色が鮮やか。かじりつけば、薄皮のサクサク食感が心地よく、北海道産小麦粉のふくよかな香りがふわり。追って、ゴロゴロと大粒な小豆の餡のこっくり深い甘みが口中を埋め尽くす。

※現在営業をお休みされています。詳しくはWEBサイト、Twitterにてご確認ください。

JR中央線吉祥寺駅東口から徒歩約7分。
11時30分~19時、土のみ吉祥寺にて営業。
武蔵野市吉祥寺本町1-36-9勝又木材ひろば内
(木・土以外は西東京市東伏見3-1-25 東伏見アイスアリーナ前で営業)。
☎090-8560-5049
---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #武蔵野市 #たいやき #おいしい #スイーツ
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\勝沼産を盛り込んだランチを地元ワインで味わう幸せ/

今日の写真は #甲州 の「勝沼食堂 Papasolotte」さん( @papasolotte )

小ぢんまりとしたイタリアンのオーナー・長谷部賢さんは、2013年のワインアドバイザー全国選手権大会で優勝した猛者。
木造りのほっこり和む風情で、眼下にブドウ畑が広がり思わずため息が漏れる。
ここでは、パスタランチ1980円を。
マネージャーの坂口健さんは料理人兼ソムリエで、モモの摘果など、オードブルの盛り合わせから地の食材がふんだんに使われている。
パスタにも香り高い地元産マイタケや、勝沼産トマトを用い、口中で香りがふくらんでいく。
地元産をはじめとしたワインも種類豊富。つい、杯を重ねてしまいそう。

JR中央線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約3分。
11時〜14時LO・17時30分〜21時LO、火曜休。
山梨県甲州市勝沼町菱山3577-6
☎0553-39-8763(予約が確実)
https://www.facebook.com/papasolotte/
---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #山梨県 #甲州市 #おいしい  #お酒 #ワイン #イタリアン
  • 寒い日がまだまだ続きます。
皆様あったかくしてね💪
(KF)
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\道端に現れる明治期のブドウ酒貯蔵庫/

今日の写真は #甲州 の「龍憲セラー」さん

ブドウ畑を縫うように歩けば、道端に不思議な空間が口を開けている。
柵から中を覗けば、ワイン樽がごろり。
ここは、1900年(明治33)頃建造の半地下式ワイン貯蔵庫。
日本初の民間ワイン会社『大日本葡萄会社』からフランスに派遣された二人の技術者が、帰国後にアーチ式煉瓦造りのヨーロッパスタイルで造ったという。
ワイン関連史跡が街中にあることにも驚かされる。

JR中央線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約40分、もしくは甲州市民バス「阿部医院前」「図書館・文化館」下車約3分。
山梨県甲州市勝沼町下岩崎
---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #山梨県 #甲州市 #ワイン #歴史
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\インパクト大の斬新なスタイル/

今日の写真は #杉並 の「たいやき ともえ庵」さん( @tomoean2011 )

「たいやき ともえ庵」は一丁焼のたい焼きも美味しいが、変わり種として人気なのがたいやきの開き400円だ。
「焼きたての皮のパリっとした食感を、時間が経っても残したい」と、店主が約7年間の構想を経て開発した。
半分に開いたたいやきを、薄く生地をひいた鉄板にのせ、プレス。
焦げ付かないギリギリのところで焼き台の上に設置した棚に移し、2時間ほど水分を飛ばして、完成だ。
ひと口大に割って口に運べば、皮が香ばしく、煎餅のごとくパリッパリ。
餡は甘さが際立ち乙な味。

JR中央線阿佐ケ谷駅南口から徒歩約4分。
11時~20時、月休。
杉並区阿佐谷南1-35-20
☎03-6383-2144
http://www.tomoean.net/
---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #阿佐ヶ谷市  #たいやき #おいしい #スイーツ #手みやげ

関連記事

阿佐ケ谷駅

Asagaya / Loft A

中野駅

高砂湯(たかさごゆ)

八王子駅

宗格院(そうかくいん)

日野駅

石田寺(せきでんじ)