プチ旅コンシェルジュへようこそ!
中央本線や青梅線、五日市線など、中央線からちょっと足を延ばした沿線には、知られざるおすすめスポットがたくさん!
毎回さまざまなテーマで、日帰りで楽しめるおすすめコースをご案内。
次の休日は中央線のその先へ、列車に揺られお出かけしよう!

奥多摩駅

奥多摩駅から歩く、静寂と戯れる真冬の森散策

人がまばらな真冬の奥多摩は、他の季節とはひと味違う趣を見せる。凛とした空気に満ち、空が青く澄みわたり、静かな森を独り占めできるスペシャル感といったら格別だ。シカやサル、タヌキなどの動物たちにも出会えるかも。山歩きの後は、ポッカポカに温めてくれる温泉と燗酒が待っている。

この記事の目次

目的地までのアクセスと歩き方

JR中央線新宿駅から最短で約1時間30分・立川駅からは約1時間5分で奥多摩駅に到着。奥氷川神社の脇から氷川渓谷遊歩道へ入り、登計トレイル、登計集落を経る約2時間の周遊コースだ。極寒期で日陰が多いので、凍結した山道、路面でも滑りにくい登山靴が必須。熱い飲み物を持参するなど、防寒対策を万全に。また、降雪時、及び雪が残る日は危険なので回避を。公共トイレは奥多摩駅隣、氷川キャンプ場入口にあり。

1.

氷川渓谷遊歩道(奥多摩ふれあい森林浴コース)その1 [奥多摩駅]

ふたつの吊り橋を渡る川沿いから出発

奥多摩駅から奥氷川神社脇を進むと、ほどなく遊歩道に入る。1本目の吊り橋「氷川小橋」からは、多摩川と日原川が交錯する河原に降りられ、ひんやり冷たい清流が心地いい。2本目の吊り橋「登計橋」を渡ったら、二股の小径を右に。緩やかな登りが5分ほど続くが、眼下に清流、頭上に竹林など、変幻する景色を楽しみたい。2月から蠟梅(ろうばい)も花開く。

DATA


2.

奥多摩森林セラピーロード 「香りの道・登計(とけ)トレイル」 [奥多摩駅]

イスが随所に点在。お気に入りの席を見つけたい

一旦、舗装された道に出た後、グラウンドの脇に次なる遊歩道の入り口が。日本初の森林セラピー専用ロードで、約1.3kmヒノキの香りが立ちのぼる小径が続く。足元には枯れ葉とウッドチップが敷き詰められ、ふっかふか。時折、冬ならばこその霜柱もお目見えし、童心に返ってサクサク踏み締めたくなる。
広葉樹の森から九十九折(つづらおり)の道を進んでいくと杉の森へ。お誂え向きに置かれたベンチに座ると、空を望むのにいい角度。道中各所にイスが設えられ、杉が彩る天、遮るもののない空など、見上げる空の景色が変化。木々を揺らす風の音、野鳥の歌声にも耳を傾けたい。
イスのタイプもバラエティに富んでいる。こちらは森に張り出す天空のテラス席。沢の広場には森を真正面に眺められる長机、尾根の広場にはベンチベッド、山を望むリビング的空間などがあり、気に入った席でぼんやり過ごしたい。
カフェカウンターでコーヒーブレイク。持参したホットドリンク片手に読書、なんてのもいい。

DATA


3.

愛宕神社[奥多摩駅/神社]

火防の神の頂から山並みと里を望む

登計トレイルを抜け、坂道を進むと風格ある鳥居が現れる。急斜面を少し登れば、標高507mの愛宕山の頂に社殿と、その手前に御神体として長年崇められていた巨石が静かに鎮座する。愛宕山は奥氷川神社の御神体。登計集落をはじめ、周辺集落の氏神様であり、火防の神として古より厚い信仰を集めている。
展望台から幾重にも連なる山と山懐の里を一望でき、清々しい。

DATA


4.

登計集落[奥多摩駅]

民間信仰が残るのどかな山里

愛宕山から引き返して林道を下ると、竹林、畑、民家が肩寄せ合う山里の風情に出くわす。道端には、赤い毛糸の帽子が愛らしい地蔵様が、廿三夜(にじゅうさんや)塔と並び立つ。石塔は旧暦23日の夜、月を待ち歌い踊る民間信仰の名残だ。
石積みの土台、無人の野菜販売所などからも、歴史を紡ぐ里の暮らしが感じられるようだ。

DATA


5.

氷川渓谷遊歩道(奥多摩ふれあい森林浴コース)その2[奥多摩駅]

里から森へ。山と川が織りなす冬の情景

民家の脇をすり抜けて再び、遊歩道へ踏み入れば、シラカシの大木の根元、巨岩の洞に道祖神が。善神を招き、邪神を防ぐ里の守り神と伝えられ、思わず手を合わせたくなる。
山道を下り、氷川キャンプ場前に出たら、再び多摩川沿いへ。巨大な根っこがうねり立つ豪快な山肌に、クリームソーダ色の清流が美しく映えて思わずうっとり。はかなげに揺れる登計橋に戻れば、トレッキング終了間近だ。

DATA


6.

氷川郷麻葉(あさは)の湯 三河屋旅館[奥多摩駅]

身を浸し望む、湯気に煙る渓谷美

登計橋を渡り、看板の案内に沿って山肌を登れば、約200年の歴史を誇る旅館に到着。自家源泉の温泉は、立ち寄り利用が可能だ。
渓谷に面した浴室に広々とした湯船がひとつ。無色透明なメタほう酸の湯が満ち、身を沈めるとなめらかで柔らか。じんわりほこほこと温めてくれ、湯冷めしにくいのも嬉しい。「雪景色もまたいいんですよ」と、宿主の川上起久雄さん。サルが駆け回る姿を見かけることもあるそう。

DATA


7.

飲食処ヤナギコージ[奥多摩駅/食堂・居酒屋]

身も心も温まるローカルフードで一杯

湯上がりには、駅近くへ。飲食店が連なる横丁「柳小路」は、昭和の風情が色濃く漂う。
その一角に昨年6月、朝から夜まで腹ごしらえできる食堂が開店。奥多摩ローカルフードが目白押しだ。
冬の湯上がりに乙な燗酒、なかでもここは珍しい鰍(かじか)酒2000円を。ハゼにも似たカジカを炙り、燗に漬けたもので、「昔はよく獲れたそうです。昔ながらの飲み方が地元に伝わっているんです」と、店主の春田喜久郎さん。濃厚な出汁とふくよかな香りに、思わず膝を打ちたくなる。お供には、奥多摩産虹鱒の唐揚げ700円(定食900円)を。香ばしさを漂わす姿にそそられ、頭からガブリといけば、骨までサックサク。ほどよい塩気がふっくら上品な香りを引き立てる。添えられた実山椒の爽やかな辛味もいいアクセント。
春田さんは、ワサビ愛好家。自ら栽培したワサビを店頭販売するほか、これまた地元で親しまれる猪肉や鹿肉を使った焼肉定食に添えている。たっぷりすって焼肉にのせれば、爽やかな香味が肉の濃厚な旨味とベストマッチ。酒がグイグイ進む味だ。

DATA


<番外編1>

わさび食堂[奥多摩駅/キッチンカー]

出会えたらラッキー!『わさび食堂』で朝チャージを

写真提供:manamiphotograph

奥多摩駅前に不定期で登場するのは、1台のキッチンカー。営むのは、わさびブラザーズだ。伝統的な奥多摩のワサビに惚れ、移住を機にワサビ田を修復、栽培を行うワサビ農家となった。
名物はもちろん、わさび丼700円だ。白飯の上に削りたての鰹節が降り積もり、中央に鎮座するのは、本わさび。混ぜてよし、そのままかき込むもよし。ワサビと鰹節の芳香が鼻腔を駆け抜ける。出店情報はSNSでゲットしよう。

DATA


<番外編2>

沿線まるごとホテル「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」

青梅線沿線を“まるごと”楽しむ宿泊プランを期間限定で発売中

「沿線まるごとホテル」とは、駅舎を「ホテルのフロント」として、沿線集落の古民家(空き家)を改修して「ホテルの客室」に、さらには地域住民を「ホテルキャスト」として、沿線地域を1つのホテルに見立てて接客・運営すること。新スタイルの滞在型観光を作り上げる、新たな取り組みだ。

  • 写真提供:タカシゲダイスケ

2022年2月4日(金)~2月22日(火)に設定される「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」プランでは、森のガイドウォークや古民家ホテルでの多摩ガストロノミーディナーなどを通して、普段の生活では感じられない発見や心地よさを体験することができる。

また、今回紹介した氷川渓谷や登計トレイル、登計集落での散策は、この「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」プランの一部を楽しむことができる。ぜひ、奥多摩を五感で楽しんでみよう。
プラン詳細、予約は公式HP(https://marugotohotel-omeline.com/)から。
定休:水曜日・木曜日

冷たくも美しい冬木立と温かな人情は冬の醍醐味

渓谷、森、里を巡る冬の散策は、冷気が肌を突き刺すが、清澄な山の空気が満ちあふれ、身も心も透明に清めてくれるよう。仕上げに温泉で温まり、熱燗と共に山の味に触れれば、英気が体の内に養われていく。

取材・文=佐藤さゆり(teamまめ) 撮影=加藤熊三

上記の情報は2021年12月現在のものです。
※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

Tag

シェアする

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで共有

最新の特集

中央線からクラフトビールの世界へ出発進行!

Instagram

@chuosuki

  • \たまのごほうびーるのご紹介/

中央線を盛り上げるプロジェクトC-Legend(シーレジェンド)では「たまのごぼうびーる」というクラフトビール発売を目指しています!

“たま”のご褒美として飲んでいただきたい!”たま”(多摩)の魅力をお届けしたい!
そんな思いのこもった心あた”たま”るクラフトビールです。

八王子産の「八王子ショウガ」、多摩産の「はちみつ」を使用し、武蔵境にある醸造所で醸造をいたします。

地元の皆さまと作り上げたビールを皆さまにお届けできるよう心を込めて準備に取り組んでおります♪

クラウドファンディングも実施しております。
C-Legend( @clegend2022 )のプロフィール画面にURLを記載しております。

皆さまぜひご声援をお願いいたします✨

#ビール #クラフトビール #中央線 #jr中央線 #clegend #クラウドファンディング #クラウドファンディング準備中 #応援よろしくお願いします #たまのごほうびーる #びーる #多摩 #八王子 #八王子ショウガ #多摩はちみつ #はちみつ #地域密着
  • #Repost @clegend2022 with @let.repost 
• • • • • •
【10月1日よりクラウドファンディング開始いたします!】

私たちC-Legendは、中央線沿線・多摩エリアの魅力を発信すべく多摩産の食材を使用し、中央線沿線で醸造をしたクラフトビールの開発・販売を目指しております。
そしてビール開発・販売にあたり、クラウドファンディングに挑戦することにいたしました!(クラウドファンディングサイトへの掲載審査が通りましたので、10月1日よりクラウドファンディングスタート予定です!)
クラウドファンディングを通してよりたくさんの方々に私たちの活動、中央線沿線・多摩エリアの良さをを知っていただければと思っております。
クラウドファンディングではリターン品として、限定の商品もご用意しております。
中央線沿線を盛り上げたいという私達の想いに共感して応援してくださる方、少しでもご興味をお持ちいただける方、ぜひご支援をお待ちしております。

※クラウドファンディングは10月1日からスタートいたしますが、公開前に私たちのプロジェクトページを閲覧することができます。
C-Legendとはどんな団体なのか、どのような思いを持って活動に取り組んでいるのかなど詳細情報を記載しておりますので、少しでもご興味を持っていただけましたら、プロジェクトページを見ていただけますと幸いです。
プロジェクトページへはプロフィールのURLからとべますので、ぜひご覧くださいませ♪

#ビール #クラフトビール #中央線 #jr中央線 #jr #clegend #クラウドファンディング #クラウドファンディング準備中 #クラウドファンディングcampfire #応援よろしくお願いします
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\昭和レトロな建物でお茶と映画を満喫/

今日の写真は #青梅 の「CINEMA NEKO (シネマネコ)」さん( @cinemaneko_ome )

水色の壁が目を引く木造建築は、国登録有形文化財で、昭和初期築の旧都立繊維試験場。「青梅は以前、映画館が3館もあったんですよ」と、広報担当の天野さん。
映画文化の灯は50年前に一旦消えたが、都内唯一の木造映画館として2021年に復活した。特徴的な美しき水色の外壁、縦長の大きな窓は、当時の造りを残したもの。
対して、フルリノベーションした内装は、表情のあるモダンな佇まいに生まれ変わった。
63席あるフランス製の座席は、2018年に惜しまれながら閉館した新潟県十日町『シネマパラダイス』のもので、シネマネコの設立を知った支配人より無償で譲り受けたという。
ゆったり身を預け、上映前にじっくりシアター内部を眺めるのもいい。見事な梁を生かした伝統建築と、最新上映設備が入り混じる個性的なシアターは、稀有な存在だ。
上映前後は、大きな窓から光が注ぐ併設のカフェへ。人気は、シネマネコカラーのブルーが印象的な、CINEMA NEKO SODA。他にも、地元ベーカリー製のネコパンメニューや、上映作品にちなんだ期間限定メニューがお目見えすることも。
一面の本棚には、ネコや映画関連のアートブックがずらり。
カフェだけ利用もウェルカムなので、本を読んだり、作品情報を眺めたりしながらのんびり過ごしたい。

JR青梅線青梅駅から徒歩約15分。
9時〜(カフェは11時〜最終上映開始時間LO)、火休(祝の場合は翌平日休)
映画料金 一般1800円、特別ネコ会員1000円(年会費2000円)、
レディースデイ(水曜)・ファーストデイ(毎月1日)・ネコデイ(2・12・22日)は各1000円、ペアデイ(金曜)2名2400円のほか、夫婦50割引、シニア割引、学生割引などあり。
青梅市西分町3-123青梅織物工業協同組合敷地内
☎0428-84-2636
https://cinema-neko.com

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #プチ旅 #カフェ
  • 【#中央線が好きだ。「そろそろ、ソロ飯」】

\八王子の古民家ダイニングの庭先で、キャンプ気分を満喫できる夜ご飯はいかが?/

今日の写真は #八王子 の「古民家ダイニング となりわ」さん

八王子駅北口から北西にまっすぐ延びる「西放射線ユーロード」。賑やかな商店街の街並みを楽しみながら歩き、中町公園を目印に野猿街道へと右折。右側に注意しながら歩くと「TONARIWA」と書かれた黒い立て看板が目に入る。
この看板脇にある小径の奥の古民家ダイニング『となりわ』は、キャンプ気分でランチやディナーが楽しめるスポットだ。
自然にあふれた開放感のある庭や三角屋根の民家風の建物は、商店街の喧騒から切り離され、別世界に紛れ込んだような異空間に心が躍る。
アウトドアをイメージしているのは店構えだけではなく、メニューはスキレットを使った料理や燻製料理など、キャンプ飯を彷彿とさせるラインナップだ。

JR中央線八王子駅北口から徒歩約8分。
ランチ11時30分~14時15分LO(土・日・祝は15時LO)、ディナー17時30分〜21時30分LO(庭席利用は21時まで)、火休。
東京都八王子市横山町9-10
☎ 042-656-8566
https://tonariwa.jimdofree.com

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #洋食 #ソロ飯
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\童心が全開! 迫力満点な夢の車両の数々/

今日の写真は 「青梅鉄道公園」

昭和レトロな乗り物や、メロディーペットもあるが、お子さま向けと侮るなかれ。1962年(昭和37)の開園以来、展示される鉄道車両は全て実物だ。
入園してすぐ目に飛び込んでくるのは、デゴイチの愛称で親しまれるD51 452号。1940年(昭和15)〜1972年(昭和47)の32年間で地球60周分を駆け抜けた希代の蒸気機関車で、運転室に上がることもできる。
見逃せないのが、クモハ40形電車だ。1935年(昭和10)製で、総武線、山手線を経て、戦後は中央線を走った馴染み深い車両だ。
また、大阪万博に向けて製造された1969年(昭和44)製の0系新幹線では、運転席に座れば、運転ハンドルやあらゆる計器に胸が高鳴る。
屋内展示も必見だ。
アートとしても素晴らしい特急ヘッドマーク(テールマーク)や、青梅駅周辺を描いた案内図、鉄道模型を走らせられるジオラマなど、枚挙にいとまなし。童心が全開になる。

JR青梅線青梅駅から徒歩約15分。
10時〜16時30分入園(16時最終入園)、月休(祝日の場合は翌平日休)。
入園料100円(小学生以上)
青梅市勝沼2-155
☎0428-22-4678
https://www.ejrcf.or.jp/ome/index.html

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #公園 #プチ旅
  • 【#中央線が好きだ。「プチ旅コンシェルジュ」】

\窓下の青梅線とスパイシーなカレーに心が弾む/

今日の写真は #青梅 の「夏への扉」さん

1933年(昭和8)建築の元眼科医院で、1989年(平成元)に喫茶店を開業したのは店主の山田勝一さん。窓辺では、店主夫妻が骨董市で見つけた雑器が陽光を受けて次なる持ち主を待つ。
「うちは、隠れ自然食の店なんですよ」と話す山田さんは、かつて河辺駅近くの自然食品店2階で、自然食レストランを切り盛りしていた腕を持つ。
人気は、玄米ライスの野菜カレー(サラダ付き)だ。旬野菜がゴロゴロで、口に運べば、コリアンダーやクミンなど、スパイスごとに種を剥き、挽いて粉にし、炒った、鮮烈でスパイシーな香りが口中を駆け抜ける。
食後は季節替わりの自家製ケーキを。定番のカボチャケーキは素朴な甘みにほっこりする。コーヒーもいいが、シナモン、ショウガを効かせたチャイとの相性も抜群だ。
アートを飾る店内では、心地よいジャズの音色に紛れて、時折ガタンゴトンと轟音が窓下から湧き上がる。観音開きの木枠の窓の外、草木が風に揺れ、青梅線が駆け抜ける。一幅の絵のような光景につい見惚れてしまう。

JR青梅線青梅駅から徒歩約4分。
10時〜18時、火休
青梅市住江町16
☎0428-24-4721
https://www.omekanko.gr.jp/spot/02001/

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #カフェ #カレー #プチ旅
  • 【#中央線が好きだ。「そろそろ、ソロ飯」】

\カレーだけじゃない! 御茶ノ水の人気店で “リアルなインド料理”を味わおう/

今日の写真は #千代田区 の「カレー&オリエンタルバル桃の実」さん

カレーの聖地と呼ばれるお茶の水・神保町界隈に、ランチはカレーを中心に、夜はさまざまなインドの料理が味わえるバルがある。
店の名は『カレー&オリエンタルバル桃の実』。ミシュランガイド東京・ビブグルマンにも選出されている注目の人気店だ。
オーナーを務めるのは瀬島徳人(のりひと)さん。
初めての海外旅行で訪れたインド南西部の海沿いの街・ケララ州で出合ったインドの料理に魅了され、料理人の道へ。ケララ州の高級ホテル『CGH』での修業を経て、帰国後にはインド料理だけでなくフレンチやワインについても学んだ。
本格的なインド料理でありながら、日本米をはじめとした日本の食材を多用し、日本人の味覚に合ったインド料理にアレンジ。そのスタイルは高く評価され、インド料理ファン・カレーファンの注目を集めている。

JR中央線御茶ノ水駅お茶の水橋口から徒歩約5分。
ランチ11時30分~14時LO(日は15時LO)、ディナー(火〜土)18時〜21時LO、月休。※日はランチ営業のみ
千代田区神田小川町3-24-17 Sビル1F・B1F
☎ 03-5577-2879
https://momo-no-mi.jp/

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #カレー #ソロ飯
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\薬膳の考えに基づいた中国茶でカラダ整う/

今日の写真は #杉並区 の「サウスアベニュー」さん

店の歴史は約40年と長く、元々はアンティークショップとしてスタート。
中国茶が好きで、自分たちが飲むお茶を購入するために中国に渡っていたこともあり、20年ほど前から店でも取り扱うように。
現地農園の人たちとのコミュニケーションを重ね、時には車に乗って山奥まで買い付けに行く。仕入れる茶葉はオーガニック栽培のものが中心(一部、低農薬のものもあり)。季節や毎年の出来に合わせ、ブレンドティーも作っている。
この時期にぴったりなのは、すっきりとした味わいの中に豊かにジャスミンが香る水出し専用「極上アイスジャスミン」、繊細で中国茶らしい香りの梅占(ばいせん)緑茶「ラムネの色」など。1リットルの水に1パックをポンと入れ、そのまま冷蔵庫で10時間と手軽なのも嬉しい。
薬膳の知識が根付いた中国では、季節や体調によってお茶を飲み分ける習慣があるという。
店では気分や体調に合わせたお茶選びのアドバイスも。

JR中央線西荻窪駅南口から徒歩約7分。
13時~19時、木休。
東京都杉並区西荻南3-22-6-102
☎03-3334-3768
https://www.southavenue.info

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #お茶 #手みやげ
  • 【#中央線が好きだ。「中央線手みやげノート」】

\自家農園で育てる唯一無二の「国分寺茶」/

今日の写真は #国分寺 の「松本園製茶工場」さん

創業60年以上、国分寺市内で唯一の茶畑を守るのは3代目の松本信一さん、美津子さんご夫妻だ。
「中央線沿線でお茶を育て、販売しているのはウチだけ」と、茶師として50年以上の経験を持つ信一さんが手塩にかけて栽培し、丁寧に仕立てる日本茶は「国分寺茶」としてブランド化。ふるさと納税の返礼品にも選ばれるなど、“国分寺の手みやげ”として長く愛されている。
「多めの茶葉を少しぬるめの湯で煎れ、氷をたっぷり入れたグラスに一気に注げば、甘みとコクがしっかりと味わえますよ」と美津子さん。口に含めば、とろりと甘くて力強い茶葉の味わいに驚かされるはず。気軽に味わうなら水出しで。
「ペットボトルに茶葉を入れ、水を注いで冷蔵庫で一晩。この方法なら急須がなくても大丈夫。自分で煎れるお茶のおいしさ、知って欲しいよね」(信一さん)。

JR中央線西国分寺駅北口から徒歩約21分。または西国分寺駅北口から「並木公民館」行きバスで約7分「恋ヶ窪交差点北」バス停下車約2分。または西武線恋ヶ窪駅から徒歩約6分。
9時30分~18時30分、日・祝休。
東京都国分寺市東戸倉1-6-3
☎042-321-1668
https://www.kokubunji-cha.com/

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業休止や営業時間・形態の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合があります。

---
中央線沿線の好きなスポット・お店などがあれば、ぜひ #中央線が好きだ を付けて投稿してください♪
#中央線写真部 のタグが付いた投稿から不定期でリポストします!ぜひご参加ください!(リポスト前にはご連絡いたします)
プロフィールからwebサイトも覗いてみてね👆

#中央線 #東京 #お茶 #手みやげ

関連記事

プチ旅コンシェルジュ

御嶽駅

深緑と苔むす岩の涼やかな風情! 霊山に神社、宿坊を巡る大満足の御岳山ハイク!

プチ旅コンシェルジュ

東飯能駅

森と水の国・北欧へ、東飯能駅からプチトリップ!

プチ旅コンシェルジュ

高麗川駅

コリアン香る里へ

プチ旅コンシェルジュ

大月駅

大月駅からたどる、脱力系・大月桃太郎伝説めぐり